フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 35 エイプリル・フールの話 | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和一〇(一九三五)年十月 »

2014/04/09

杉田久女句集 185 耶馬溪羅漢寺一句外 五句

  耶馬溪羅漢寺一句外 五句

苔をまろく踏み凹めたる木の實かな

 

深耶馬の空は瑠璃なり紅葉狩

 

洞門を出れば濶し簗の景

 

濃龍胆浸せる溪に櫛梳り

 

茸やく松葉くゆらせ山日和

 

耶馬溪の岩に干しある晩稻かな

 

[やぶちゃん注:大正九(一九二〇)年三十歳の時の作。「耶馬溪羅漢寺」これは「羅漢寺」から景勝地として知られる大分県中津市にある山国川の上中流域及びその支流域を中心とした渓谷である。以下、私は訪れたことがないのでウィキの「耶馬渓より引く。『日本三大奇勝や新日本三景の一つに選ばれている』(大正一二(一九二三)年に名勝指定、昭和二五(一九五〇)年には一帯が耶馬日田英彦山国定公園に指定された)。以下、「地域別の主な景勝」による。

   《引用開始》

本耶馬渓

本耶馬渓(ほんやばけい)は、青の洞門や競秀峰を中心とする山国川上流一帯。青の洞門は羅漢寺の禅海和尚が、参拝客が難所を渡る際に命を落とさないよう、ノミ一本で掘り抜いたトンネルで、菊池寛が『恩讐の彼方に』を上梓したことで、全国にその名を知られることになった。なお、禅海和尚は遂道を開通させた後は利用者から通行料を徴収したことから国内初の有料道路とも言われている。現在は車道拡幅工事により当時の痕跡は歩行者用通路の一部にノミの痕跡が認められる程度となっている。目立たないが、遂道を通らずに難所であった崖側を通るルートが今も残っており、険しい場所ではあるが鎖などを伝って通ることができる。

「青の洞門」より500mほど下流にある耶馬渓橋は、全長116m、日本最長の石造アーチ橋である。アーチは12mスパンでやや偏平であり、その西洋的な外観から「オランダ橋」との愛称で呼ばれる。この近辺には他にも石造アーチ橋が多くかけられている。耶馬渓橋の1.5km上流には、橋長89mの三連アーチの羅漢寺橋が、また、さらに4km上流には橋長83mの馬渓橋がある。

深耶馬渓

深耶馬渓(しんやばけい)は、山国川支流山移川支流に位置する渓谷。一目八景が有名。一度に海望嶺、仙人岩、嘯猿山、夫婦岩、群猿山、烏帽子岩、雄鹿長尾嶺、鷲の巣山の八つの景色が眺望できることから名付けられた。近くには鴫良、深耶馬渓などの温泉がある。

裏耶馬渓

裏耶馬渓(うらやばけい)は、金吉川上流の渓谷で玖珠町との境界に位置する。浸食を受けた岩壁が屏風のように屹立する。近くには伊福温泉があり、温泉水を使って養殖したスッポン料理が名物。

奥耶馬渓

奥耶馬渓(おくやばけい)は、山国川上流に位置する。猿飛の景と名付けられた猿飛千壺峡が知られる。耶馬渓猿飛の甌穴群は天然記念物に指定されている。

椎屋耶馬渓

椎屋耶馬渓(しややばけい、しいややばけい)は、宇佐市と隣接する駅館川支流の温見川源流付近の渓谷。近隣には岳切渓谷(たっきりけいこく)という谷底が一枚の大きな岩盤でできた渓谷があり、椎屋耶馬渓に含められることがある。

津民耶馬渓

津民耶馬渓(つたみやばけい)は、山国川支流の津民川に位置する渓谷。手付かずの自然が残る穴場。

その他の地域

かつてはこの他に羅漢寺耶馬渓(現在では本耶馬渓に含まれる)、麗谷耶馬渓(うつくしだにやばけい、現在では深耶馬渓に含まれる)、東耶馬渓、南耶馬渓があり、これらも加えた10か箇所の渓谷は総称して耶馬十渓と呼ばれていた。現在、この4つの呼び方はほとんど使われていないために、耶馬十渓という呼び方をすることはまずない。

   《引用終了》

その他、『耶馬渓には数々の絶景が点在しており、総称して耶馬渓六十六景と呼ばれている』とあって景名が示されてある。

「羅漢寺」大分県中津市本耶馬渓町にある曹洞宗の寺院。前注と同じ理由から以下、ウィキ羅漢寺(中津市)から引く。『山号は耆闍崛山(ぎしゃくつせん)。本尊は釈迦如来。日本国内の羅漢寺の総本山である』。『羅漢山の中腹に位置する。岩壁に無数の洞窟があり、山門も本堂もその中に埋め込まれるように建築されている。洞窟の中に3,700体以上の石仏が安置されており、中でも無漏洞(むろどう)の五百羅漢は五百羅漢としては日本最古のもので、2014年3月18日には国の重要文化財への指定が答申されている』『伝承では大化元年(645年)、法道仙人の創建というが、伝説の域を出ない』。『延元2年(1337年)ないし暦応元年(北朝年号、1338年)、円龕昭覚が当地に十六羅漢を祀ったのが実質的な開山である。この時の寺は、現羅漢寺の対岸の岩山にある「古羅漢」と呼ばれる場所にあったと推定されている。延元4年(1339年)には中国から逆流建順という僧が来寺し、円龕昭覚とともにわずか1年で五百羅漢像を造立したという』 。『寺は当初臨済宗であったが、慶長5年(1600年)鉄村玄さく(「さく」は「族」の下に「鳥」)が来寺してから曹洞宗となった』。昭和一八(一九四三)年に火災で本堂を焼失し、現在の本堂は昭和四四(一九六九)年の再建であるとあるから、久女の見たであろうそれは消失前の本堂である。
 
「簗」老婆心乍ら、「やな」と読む。河川の両岸又は片岸より列状に杭や石等を敷設して水流を堰き止め、誘導されて中に入った魚類を捕獲する川漁の仕掛けをいう。

 なお、この句までが冒頭から続いた「堺町」句群である。

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 35 エイプリル・フールの話 | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和一〇(一九三五)年十月 »