フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 利根川   山之口貘 | トップページ | 蠅   山之口貘 »

2014/04/19

きゃべつ   山之口貘

 きゃべつ

 

売るほどつくっては

いないんだと言いながらも

すぐそこの裏の畑から

ひとつふたつはもぎって来るのだ

おいくらでしょうかと財布を取り出すと

かぶりを横に振って

銭など要らないお持ちなさいと言うのだ

でもおいくらなんでしょうかと言うと

知らない人でもないのだから

高い銭など気の毒なんで

もらえるもんじゃないやと来るのだ

でもとにかくおいくらなんだか

もらいに来たのではないのだからと言うと

純綿の手拭でも一本

ほしいのだがと出たのだ

それでもきゃべつは黙っていた

売ろうと売れまいと買おうと買えまいと

黙っておればいいのだ

 

[やぶちゃん注:【2014年7月21日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証した際、ミス・タイプを発見、本文を訂正、さらに注を全面改稿した。】初出は昭和二五(一九四八)年八月号『芸術』(発行所は東京都文京区森川町「八雲書店」)。掲載誌の標題は「農村風景 きやべつ」。思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の解題によれば、総標題「夢を評す」で、後掲される「ミミコの由来」・「やまぐちいづみ」・「ミミコの独立」(掲載誌では「ミミコの獨立獨歩」。旧字はママ以下同じ)・「縁側のひなた」(掲載誌では「緣側にて」)・「湯気」(掲載誌では「湯氣」)・「蠅」(掲載誌では「農村風景 蠅」)・本詩・「夢を評す」の計八篇が同時掲載された。これはバクさんの詩の初出の複数掲載としては特異点といえる。(煩瑣なので以下の同時掲載詩篇ではこの注を略し、『前掲「きゃべつ」注参照のこと』とすることとする)。

 新全集解題に、清書用原稿には、後ろから三行目の「それでもきゃべつは黙っていた」の部分に、

 

きやべつは別になにも言はなかつた

 

と記した推敲痕跡が見られるとあるが、「定本 山之口貘詩集」を底本とする旧全集でもそうなってはいないので、バクさんは、元の詩行を採用したものと思われる。

 書誌データから推定すると、これら八篇の詩群は総て正字体で且つ拗音化せずに表記されていた可能性が窺えるので、
掲載時の標題に直して恣意的に正字化したものを各篇の最後に加えることとする(以下、この注記は略す)。

   *

 農村風景 きやべつ

賣るほどつくつては

いないんだと言いながらも

すぐそこの裏の畑から

ひとつふたつはもぎつて來るのだ

おいくらでしようかと財布を取り出すと

かぶりを横に振つて

錢など要らないお持ちなさいと言うのだ

でもおいくらなんでしようかと言うと

知らない人でもないのだから

高い錢など氣の毒なんで

もらえるもんじやないやと來るのだ

でもとにかくおいくらなんだか

もらいに來たのではないのだからと言うと

純綿の手拭でも一本

ほしいのだがと出たのだ

それでもきやべつは默っていた

賣ろうと賣れまいと買おうと買えまいと

默つておればいいのだ

   *]

« 利根川   山之口貘 | トップページ | 蠅   山之口貘 »