フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柄にもない日   山之口貘 | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和一〇(一九三五)年六月 »

2014/04/05

鮪に鰯   山之口貘

 

 鮪に鰯

 

鮪の刺身を食いたくなったと

人間みたいなことを女房が言った

言われてみるとついぼくも人間めいて

鮪の刺身を夢みかけるのだが

死んでもよければ勝手に食えと

ぼくは腹立ちまぎれに言ったのだ

女房はぷいと横むいてしまったのだが

亭主も女房も互に鮪なのであって

地球の上はみんな鮪なのだ

鮪は原爆を憎み

水爆にはまた脅やかされて

腹立ちまぎれに現代を生きているのだ

ある日ぼくは食膳をのぞいて

ビキニの灰をかぶっていると言った

女房は箸を逆さに持ちかえると

焦げた鰯のその頭をこづいて

火鉢の灰だとつぶやいたのだ

 

[やぶちゃん注:【2014年7月4日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証済。注を一部追加した。】思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の松下博文氏の書誌には全部で五種の掲載誌を載せる。

昭和二九(一九五四)年七月 三日発行『別冊文藝春秋』第四十号記念特別号

昭和二九(一九五四)年十月 五日発行「死の灰詩集」(宝文館刊)

昭和三〇(一九五五)年一月二十日発行『詩学』の『詩学年刊 一九五五年版』(詩学社刊)

昭和三〇(一九五五)年四月二十日発行「年刊現代詩集・第2集 一九五五年版」(宝文館刊)

昭和三〇(一九五五)年六月十五日発行『詩学 現代詩戦後十年』臨時増刊

 初めて発表された四ヶ月前の一九五四年三月一日、アメリカは一連の核実験“Operation Castle”(「羊」作戦)の中の一つであった水爆実験“Castle Bravo”(キャッスル作戦)をビキニ環礁で行なった。広島型原子爆弾約一〇〇〇個分の爆発力(十五メガトン)を持つ水素爆弾(コード名ブラボー)が炸裂、海底に直径約二キロメートル、深さ七十三メートルのクレーター(通称ブラボー・クレーター)が形成され、この時、日本のマグロ漁船第五福竜丸を始め、約千隻以上の漁船が死の灰を浴びて被曝したのであった。この時の大量に廃棄された被爆したマグロやヨシキリザメは現在の築地市場内に埋められている(「原爆マグロ塚」が建てられてある、ここまではウィキの幾つかの記載を参考にした)。因みに、私の愛してやまない「ゴジラ」が制作され、公開されたのは水爆実験から八か月後の十一月三日「文化の日」であった。リンク先は私のオリジナルの総合学習用教案(シナリオ分析と評論)メタファーとしてのゴジラである。映画の「ゴジラ」を見たことがある方で未見の方は是非ご覧あれ。決して退屈させない自信は――ある。]

 

« 柄にもない日   山之口貘 | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和一〇(一九三五)年六月 »