フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 玄関   山之口貘 | トップページ | 無銭飲食   山之口貘 »

2014/04/04

處女詩集   山之口貘

 處女詩集

 

「思辨の苑」というのが

ぼくのはじめての詩集なのだ

その「思辨の苑」を出したとき

女房の前もかまわずに

こえはりあげりて

ぼくは泣いたのだ

あれからすでに十五、六年も経ったろうか

このごろになってはまたそろそろ

詩集を出したくなったと

女房に話しかけてみたところ

あのときのことをおぼえていやがって

詩集を出したら

また泣きなと来たのだ

 

[やぶちゃん注:【2014年7月3日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証した結果、私の判断で本文の表記を以下に綴るような理由で一部正字に変更した。それに合わせて注の一部を改稿・追加した。】初出は昭和三〇(一九五五)年五月号『小説新潮』。最初に底本とした旧全集版では「思辨の苑」は「思弁の苑」であったが、清書原稿を底本とした思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の本詩に倣って正字化した。さらに旧全集及び新全集ともに標題は「処女詩集」であるのだが、新全集解題に草稿の詩題は正字の「處女詩集」である旨の記載があることから、清書原稿に最も近い形になるように以上のように復元した。因みに総ての漢字を正字化することも考えたが、他の詩との整合性がつかなくなるし、原稿を視認したわけでもないので断念した。一応、以下に恣意的に正字化したものも掲げておく。

 

 處女詩集

 

「思辨の苑」というのが

ぼくのはじめての詩集なのだ

その「思辨の苑」を出したとき

女房の前もかまわずに

こえはりあげりて

ぼくは泣いたのだ

あれからすでに十五、六年も經ったろうか

このごろになってはまたそろそろ

詩集を出したくなったと

女房に話しかけてみたところ

あのときのことをおぼえていやがって

詩集を出したら

また泣きなと來たのだ

 

「あれからすでに十五、六年も経ったろうか」初出時から遡ると昭和一四、五年に相当。先に詩篇部と後記の全電子化を終えた山之口貘の処女詩集「思辨の苑」の初版本は昭和一三(一九三八)年八月一日に巌松堂「むらさき」出版部から出版されている。]

« 玄関   山之口貘 | トップページ | 無銭飲食   山之口貘 »