フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 東の家   山之口貘 | トップページ | 弁当   山之口貘 »

2014/04/22

疎開者   山之口貘

 疎開者

 

往きも帰りもそれが顔にひっかかり

村の途は蜘蛛の巣がうるさいのだ

そこで義兄が裏の竹藪から

若いのを一本切り出して来た

竹はまもなくすてっきに変った

ぼくは竹のすてっきを振り廻しては

蜘妹の巣をはらいのけ

振り廻してははらいのけて

未明の途を町の駅へと急ぐのだが

日暮れてはまたすてっきを

振り廻し振り廻し村に帰って来るのだ

ある日ぼくは東京の勤務先に

すてっきをおき忘れて帰って来た

女房から言われてふりむいて見ると

脱ぎ棄てたばかりの鉄兜に

煤色の蜘蛛がしがみついているのだ

 

[やぶちゃん注:【2014年7月22日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証済。注を一部訂正した。】初出は昭和二二(一九四七)年九月『歴程』。掲載誌の標題は「疎開して」。「疎開者」という題名や詩中に「鉄兜」とはあるが、この詩は戦後の景と考えられる。何故ならバクさんはかなり厳密に創作年代順に詩を逆編年で配列しているのであるが、この後の「弁当」という詩のコーダには「敗戦国の弁当そのものが/ありのままでも食い足りないのだが」とあるからである。]

« 東の家   山之口貘 | トップページ | 弁当   山之口貘 »