フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 卷第六  宇治川軍敗北 付 上護覺心謀略(1) 承久の乱【二十四】――後鳥羽院、日吉神社へ戦勝祈願するも、官軍の劣勢に戦々恐々、謀叛支持派の公家の勧奨により取り敢えず宇治・勢多の防衛線に軍兵を派遣す | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和一一(一九三六)年二月 映画『家なき兒』他 »

2014/04/13

芥川龍之介手帳 1-6

〇4版本170

[やぶちゃん注:「170」は横書。これは旧全集にはない。]

 

〇他人に與へられし injury と伴ひて起る自己強大感

[やぶちゃん注:「injury」は事故などに起因する傷害・危害・損害・損傷及び感情・評判などを傷つけること・無礼・侮辱・名誉毀損の意。]

 

惡は否定す

[やぶちゃん注:旧全集には不載。]


○低き動機の否定による善人はそれを高調する惡人に劣る

[やぶちゃん注:これは、如何にも賤しい動機であるが故に、それを正しくないとして認めずにある行為を行わずにいる善人という存在は、如何に動機が賤しくてもそれを強く主張して断固として行為する悪人に劣る、という謂いであろうか? とすれば、龍之介の作品群にはしばしば見られる「生」の絶対悪のアフォリズムとしては納得出来る。]

 

〇一圓やつてよろこぶ顏のみられた孫が大きくなつて自分の小づかひではよろこばせる事の出來なくなつた(しかも愛してゐる)祖母のさびしさ

 

○兄弟+女

 始めは兄が弟を殺すかの如くかき 女をころすに完る

[やぶちゃん注:明らかに大正六(一九一七)年四月二十日脱稿で七月に発表された「偸盗」のモチーフ(「兄」=太郎・「弟」=次郎・「女」=沙金)である。]

 

○最大の不快は現在の諸制度の缺點より來らす その制度の止むを得ざるを認めてしかもその缺點を發見するより來る

[やぶちゃん注:「來らす」はママ。旧全集は「來らず」と校訂されおり、そうでないと意味は通じない。「侏儒の言葉」に配してもそれらしく見えるアフォリズムである。]

 

○“There is something in the darkness.says the elder brother in the Gate of Rasho.

[やぶちゃん注:これも「偸盗」の断片である。羅生門(羅城門)は作品の後半部で重要な舞台となる。但し、決定稿には兄太郎の羅生門での台詞に「あの暗闇の中に何かがいる(ある)。」といった意に類したそれはない。いや、この「闇」は寧ろ、かの「羅生門」のエンディングの――羅生門の『下を覗のぞきこんだ』老婆がそして読者が見た、『黑洞々たる』闇――であり、初稿に於いて――『既に、』『京都の町へ強盗を働きに急いでゐた』『下人』の消えた闇――と言い得るように私には思われる。

 

〇兄は貞操を肉體に限らんとす 弟はそれを精神に限らんとす この葛藤= bodily にすれば明なるも難點多し spiritual にすれば不明なるも moral value あり

[やぶちゃん注:「偸盗」のテーマについてのメモ書きである。肉感的描写(或いは性的描写)を行うと検閲に引っ掛かり「難點」が多く、かといって「精神」的な部分を主眼に置いてストーリーを運んだのでは読者に意味が通じ難くなる(「不明」)が、しかし検閲の倫理的制約からは逃れられるというプラグマティックな謂いか? それとももっと哲学的な主題性に於いて、肉欲的描出を行えば明白なテーマの表示が可能となるが、それだと精神との対称性の中で、作り物的な状況が惹起されて「難點」が「多」くなる、かと言って精神的哲学的な如何にもステロタイプな定立(肉体)と反定立(精神)という二律背反的テーマで書き進めると、これはまた如何にも難解「不明」な作品になってしまう、しかし、それでも倫理的価値(観点?=評価?)は示し易く、受け取られ易いのではないか、という謂いか? これは決定稿の「偸盗」の沙金の人物造形が、ややステロタイプのマニエリスムに堕しており、今一つ、生々しいリアリズムに欠けること(と私は感じる)と関係する呻吟であろうか? この後のメモとも合わせ、非常に興味深い(と私は感じる)。]

« 北條九代記 卷第六  宇治川軍敗北 付 上護覺心謀略(1) 承久の乱【二十四】――後鳥羽院、日吉神社へ戦勝祈願するも、官軍の劣勢に戦々恐々、謀叛支持派の公家の勧奨により取り敢えず宇治・勢多の防衛線に軍兵を派遣す | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和一一(一九三六)年二月 映画『家なき兒』他 »