フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 174 寒苺 | トップページ | 中島敦 南洋日記 一月三十日 »

2014/04/05

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 館跡 附古墳

    ●館跡 附古墳

小名殿ケ谷 東南の山間にある、水田にして、東は山を負ひ、西に堀跡あり、俚俗傳へて長江太郎義景の館跡(くわんせき)なるべしといふ 山の裾に洞(ほら)あり、方四尺深三尺餘、洞中に五輪塔三基列す、二基は高三尺五寸、一基は小なり、皆(みな)四面に梵字を彫るのみ、其餘文字なし、長江氏の墓なるべし。

[やぶちゃん注:葉山町長柄にある。個人サイト「テキトーに鎌倉散歩」の義景大明神!」にテキトーどころか子細な探訪録がある。必見。

「長江太郎義景」(生没年不詳)は鎌倉前期の武士。ウィキの「長江義景」によれば、鎌倉氏の一族で大庭(鎌倉)景継を父とする説と鎌倉景明を父とする説がある(当時の鎌倉党は養子関係が多く系図が錯綜している)とあり、『葉山町に館を構えてから長江を名乗ったらしい』(この地の長柄の地名由来と思われる)。『源平合戦では、縁戚の三浦氏と協力して源頼朝に与する。衣笠城の戦いでは敗れたが、そこから敗走したあと頼朝に合流し、鎌倉幕府黎明期の重臣となった』。『頼朝が征夷大将軍になった後、義景は伊勢大廟神宝奉行となった。また、義景は弓の名手としても高名であり、頼朝の信任が厚かった』。義景には三人の男子が居たが、『明義の系統は宝治合戦で滅亡、景行は桑良氏を称し、唯一師景の系統が長江家の家名を後世に伝えた』とある。

「方四尺深三尺餘」入口が一・二メートル四方で奥行は九〇センチメートル余。鎌倉のやぐらとしてはかなり小さい。ここは鎌倉時代は御府内と思われ、やぐらがあってもおかしくない(鎌倉にほぼ特異的に存在するやぐらが、ある別な場所にある場合、そこが当時の鎌倉御府内若しくはその直接の又は御府内にある寺院などの領地であったことを証左するというのが現在の定説である)。

「三尺五寸」一〇六センチメートル。]

« 杉田久女句集 174 寒苺 | トップページ | 中島敦 南洋日記 一月三十日 »