フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« CHRISTINA G. ROSSETT (IWhat are heavy ?...) | トップページ | 柄にもない日   山之口貘 »

2014/04/05

年越の詩(うた)   山之口貘

 年越の詩(うた)

 

詩人というその相場が

すぐに貧乏と出てくるのだ

ざんねんながらばくもぴいぴいなので

その点詩人の資格があるわけで

至るところに借りをつくり

質屋ののれんもくぐったりするのだ

書く詩も借金の詩であったり

詩人としてはまるで

貧乏ものとか借金ものとか

質屋ものとかの専門みたいな

詩人なのだ

ぼくはこんなばくのことをおもいうかべて

火のない火鉢に手をかざしていたのだが

ことしはこれが

入れじまいだとつぶやきながら

風呂敷包に手をかけると

恥かきじまいだと女房が手伝った

 

[やぶちゃん注:【2014年日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証済。注を一部追加した。】初出は昭和二九(一九五四)年十二月二十九日附『産業経済新聞』夕刊。バクさんが詩題でルビを振っているのは(児童詩類には発表初出にはルビが振られていた可能性は高いが)、この一作のみ。


 松下氏の「稿本・山之口貘書誌(詩/短歌)」の注記
には「年の暮」という詩題が見えるが、これは思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」解題の凡例や沖繩県立図書館の山之口貘文庫の解説などから判断すると、草稿原稿のない本詩には、別にある総ての詩題を記したそれに初期標題のみが残されており(山之口貘文庫に山之口貘自筆原稿で「山之口貘著『鮪に鰯』編纂用詩篇自筆目録」というものが三種現存するとあるから、ネットで画像公開されていない二種の資料の中にそれがあると考えられる)、この詩は元は「年の暮」が当初の予定標題であったということを指すもの、と思われる。「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の解題にはこの「年の暮」の原題記載はないが、恐らくは第四巻で示されるものと思われる。

« CHRISTINA G. ROSSETT (IWhat are heavy ?...) | トップページ | 柄にもない日   山之口貘 »