フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和十年(九十九句) Ⅵ | トップページ | 北條九代記 卷第六  京方武將沒落 付 鏡月房歌 竝 雲客死刑(2)承久の乱【二十八】――鏡月房以下三名、詠歌により救わる »

2014/05/29

萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(18) 「秋より冬へ」(後)

 

こゝろよき朝飯(あさげ)の後のストーブに

林檎を燒けば淡雪のふる

 

[やぶちゃん注:校訂本文は「朝飯」を「朝餉」と『訂』する。採らない。]

 

吉原のおはぐろ溝のほのぐらき

中にひかれる櫛の片われ

 

[やぶちゃん注:「おはぐろ溝」は原本では「おはぐろ構」。誤字と断じて訂した。校訂本文も「おはぐろ溝」とする。この一首は二首前と同じく朔太郎満二十六歳の時、大正二(一九一三)年十月十一日附『上毛新聞』に「夢みるひと」名義で掲載された五首連作の二首目、

 吉原(よしはら)のおはぐろ溝(どぶ)のほの暗(くら)き中(なか)に光(ひか)れる櫛(くし)の片割(かたわれ)

の表記違いの相同歌である。]

 

あはれなる落葉の上の戀がたり

み膝のうへの夕時雨かな

 

藤村のふるき詩集のあひだより

あせし菫の落ちし悲しさ

 

ほのかにも木立の影に煙草の灯

白きベンチのひかる夕暮

 

[やぶちゃん注:校訂本文では「煙草の灯」を「煙草の火」と『訂』する。採らない。]

 

赤城山鹿の子まだらに雪ふれば

故郷びとも門松をたつ

       □

[やぶちゃん注:この一首は朔太郎満二十四歳の時、『スバル』第三年第三号(明治四四(一九〇三)年三月発行)に「萩原咲三」名義で掲載された(「咲二」の誤りで校正漏れか誤植)三首の二首目、

 赤城山鹿の子まだらに雪ふれば故郷びとも門松を立つ

の表記違いの相同歌である。

 なお、表記通り、この次行の前の「門松をたつ」の「を」の位置の左側に『□』が配されて、本「秋より冬へ」歌群の終了を告げる。]

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和十年(九十九句) Ⅵ | トップページ | 北條九代記 卷第六  京方武將沒落 付 鏡月房歌 竝 雲客死刑(2)承久の乱【二十八】――鏡月房以下三名、詠歌により救わる »