フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 自分   山之口貘 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十二章 北方の島 蝦夷 5 北海道駒ヶ岳/水夫たちとその舟唄 »

2014/05/27

飯田蛇笏 靈芝 昭和十年(九十九句) Ⅴ

 

初夏の嶺小雨に鳶の巣ごもりぬ

 

初夏の卓朝燒けのして桐咲けり

 

わが浴むたくましき身に夏の空

 

海黝ろむ艙庫は暑き日を抱けり

 

大槐樹盆會の月のうす幽し

 

虹消えて夕燒けしたる蔬菜籠

 

虹たつや常山木に顫ふ烏蝶

 

[やぶちゃん注:双子葉植物綱シソ目シソ科クサギ(臭木)Clerodendrum trichotomum ウィキの「クサギ」によれば、日当たりのよい原野などによく見られる落葉小高木で、和名は葉に悪臭があることに由来する。『葉は大きく、長い葉柄を含めて』三〇センチメートル『にもなり、柔らかくて薄く、柔らかな毛を密生する。葉を触ると、一種異様な臭いがするのがこの名の由来である。花は』八月頃に『咲く。花びらは萼から長く突き出してその先で開く。雄しべ、雌しべはその中からさらに突き出す。花弁は白、がくははじめ緑色でしだいに赤くなり、甘い香りがある。昼間はアゲハチョウ科の大型のチョウが、日が暮れるとスズメガ科の大形のガがよく訪花し、受粉に与る。果実は紺色の液果で秋に熟し、赤いがくが開いて残るためよく目立つ。この果実は鳥に摂食されて種子分散が起きると考えられている』とあり、また『葉には名の通り特異なにおいがあるが、茶の他に、ゆでれば食べることができ若葉は山菜として利用される。収穫時には、臭いが鼻につくが、しばらくすると不思議なくらいに臭いを感じなくなる。果実は草木染に使うと媒染剤なしで絹糸を鮮やかな空色に染めることができ、赤いがくからは鉄媒染で渋い灰色の染め上がりを得ることができる』とある。「烏蝶」は「からすてふ(からすちょう)」で、鱗翅(チョウ)目アゲハチョウ上科アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科アゲハチョウ属 Papilio に属するアゲハチョウ類で、特に選ぶならばカラスアゲハ Papilio bianor を指すと考えてよいか。]

 

深山寺雲井の月に雷過ぎぬ

 

[やぶちゃん注:「深山寺」は「みやまでら」であろうが、こう呼称する地名や寺院は複数ある。福井県敦賀市深山寺か。但し、出雲にも同様の地名がある。識者の御教授を乞う。私は暫く一般名詞として採って鑑賞しておく。それで何らの問題はない。]

 

瀧霧の颺りて樅のこずゑまで

 

[やぶちゃん注:「颺りて」は「あがりて」と読む。]

 

ながれ出て舳のふりかはる鵜舟かな

 

[やぶちゃん注:「舳」は「へ」。舳先。]

« 自分   山之口貘 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十二章 北方の島 蝦夷 5 北海道駒ヶ岳/水夫たちとその舟唄 »