フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 篠原鳳作初期作品(昭和五(一九三〇)年~昭和六(一九三一)年) ⅩⅥ | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅6 黒羽秋鴉亭 山も庭にうごきいるゝるや夏ざしき   芭蕉 »

2014/05/21

戀人よ私に解いて下さいませ   山之口貘

 戀人よ私に解いて下さいませ

 

闇の眞面目な惡戲に、私(わし)は私(わし)

 の快感から大切なものを無駄に費しました。

 あゝ私(わし)は私(わし)の肉體にめぐり

 あふ春の空氣に

だけれど春の草原よ戀人よまぼろしよ 立ち去

 れと被仰らずにどうぞ私(わし)の膝がそな

 たの膝に触れるように坐らせて下さい

戀人よあの廓の中では 年中春を裝ふた淫亂の

 魔物が腐れかゝり 神經が麻痺し

 否え私(わし)は決して彼等にたはむれない

 つもりでゐる。

 

あゝ人間と人間とに春がやつて來て私の鼻孔は

 膨らみ唇がむくむくうごいてゐます……

戀人よお許し――どうぞ私(わし)の肉體にめ

 ぐりあふてゐる春を知らん振りで見逃さずに、

 耐え切れない接吻の奥深くへ私(わし)をや

 つて下さいませ

私(わし)は櫻の花辨(はなびら)の無駄な想

 像に飽いてしまひました

ねえ どうぞ戀人よ第一の新しいこゝろみを人

 間と人間との春の接吻の奥深くで私(わし)

 に解いて下さいませ。

 

[やぶちゃん注:大正七(一九一八)年~大正一〇(一九二一)年の間(バクさん十五歳から十八歳)に創作された作品。思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と校合した。一部に特異な改行部があるため、ブログ幅に対応させて以上のような仕儀をとった。問題の箇所は「否え私(わし)は決して彼等にたはむれないつもりでゐる。」で、これは前からの続きではなくて、一字下げになっている独立行からである。一応、全体はこれまでの改行法と同じく改行した部分を一字下げにしたが、この部分に限ってはバクさんはそうしない可能性が高いので(次の「最後の嘆願をもつて」がそうなっている)、ここでもそれに準じた(意味がよく分からない方のために屋上屋すれば、私が「つもりである」の更なる二字下げは行なっていないことを言っている)。底本の連続する次行送りの一字下げを無視して表記すると、

 

 戀人よ私に解いて下さいませ

 

闇の眞面目な惡戲に、私は私の快感から大切なものを無駄に費しました。 あゝ私は私の肉體にめぐりあふ春の空氣に

だけれど春の草原よ戀人よまぼろしよ 立ち去れと被仰らずにどうぞ私の膝がそなたの膝に触れるように坐らせて下さい

戀人よあの廓の中では 年中春を裝ふた淫亂の魔物が腐れかゝり 神經が麻痺し

 否え私は決して彼等にたはむれないつもりでゐる。

 

あゝ人間と人間とに春がやつて來て私の鼻孔は膨らみ唇がむくむくうごいてゐます……

戀人よお許し――どうぞ私の肉體にめぐりあふてゐる春を知らん振りで見逃さずに、

 耐え切れない接吻の奥深くへ私をやつて下さいませ

私は櫻の花弁の無駄な想像に飽いてしまひました

ねえ どうぞ戀人よ第一の新しいこゝろみを人間と人間との春の接吻の奥深くで私に解いて下さいませ。

 

のようになる(ルビを除去して示した)。【二〇一四年五月二十四日追記】以上は、二〇一四年五月二十四日に行った新全集との校合によって、一部の表記の特異性が判明したため、全面的に改稿した。

« 篠原鳳作初期作品(昭和五(一九三〇)年~昭和六(一九三一)年) ⅩⅥ | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅6 黒羽秋鴉亭 山も庭にうごきいるゝるや夏ざしき   芭蕉 »