フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« i畫伯   山之口貘 | トップページ | 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(18) 「秋より冬へ」(後) »

2014/05/29

飯田蛇笏 靈芝 昭和十年(九十九句) Ⅵ

 

汗疹して娘は靑草のにほひかな

 

妹に買ふうるしぐろなる日傘

 

蚊遣火や遊里の海は眞の闇

 

[やぶちゃん注:「眞ンの闇」は「しんのやみ」と読んでいるようである。]

 

  興津農林省園藝試作場

 

白靴に場(には)の睡蓮夕燒けぬ

 

[やぶちゃん注:「興津農林省園藝試作場」は明治三五(一九〇二)年に静岡県庵原郡興津町(現在の静岡市清水区)に創られた農商務省農事試験場園芸部が大正一〇(一九二一)年に農林省園芸試験場として独立したもので、現在の茨城県つくば市藤本にある独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構の一つである果樹研究所の前身。ナシの豊水・幸水、リンゴのふじなどを育成、また、アメリカ合衆国首都ワシントンD.C.のポトマック河畔にある桜並木の桜は明治の末に当時の東京市長尾崎行雄が送ったものであるが、その桜の苗木の育成を担当したのは当時の農商務省農事試験場園芸部(現在独立分離したカンキツ研究興津拠点)でこのワシントンの桜と兄弟の桜が興津拠点に現在も植栽されており、薄寒桜と呼ばれて親しまれている、と参照したウィキ果樹研究所にある。]

 

禽むるる大椿樹下に黐搗けり

 

[やぶちゃん注:「大椿樹下」は「だいちんじゆか(だいちんじゅか)」と音読みしているものと思われ、「大椿」大きな椿の謂いであろうが、実は「椿」を「チン」という音は本邦で作られた慣用音で、正しくは「チュン」である。しかも「椿」を「つばき」とするのは国字であって、漢語としての「椿」はツツジ目ツバTheaceae 科テアエアエ Theeae 連ツバキ属 Camellia の常緑高木のツバキ類ではなく、形態も全く異なる落葉高木ムクロジ目センダン科 Toona 属チャンチン(香椿)Toona sinensis であり、しかも「大椿」(慣用音で「ダイチン」)と書くと、現実に存在する木ではなく、「荘子(そうじ)」の「逍遙遊」に出る、一(ひと)春を八千年とする太古のの地上にあったという霊木を指す(そこから「椿壽」で長寿の喩えともする)。また、珍しい出来事を「椿事」と書いて「チンジ」と読むのは似て非なる「樁」(音「トウ」)の「樁事」(漢語で単に「事」の意で「樁」は接頭辞)を「椿事」としてしまい、しかもその慣用音から「珍事」と誤用したという救い難い誤りなのである。因みに、ツバキの科名の“Theaceae”(テアケアエ)というは、以前、この科に含められていた茶、即ちチャ属 Thea に由来するもので、チャ(茶)属Theaは一九七〇年代にツバキ属に統合されて廃止消滅したが、科名としては何故か残った。廃止になった属名がラテン語の科名に使われているというケースはこのツバキ科だけだそうである(最後の部分はウィキツバキ科を一部参考にした)。]

 

僧の綺羅みづみづしくも盆會かな

 

[やぶちゃん注:「みづみづしくも」の「みづみづ」の後半は底本では踊り字「〱」。]

 

杣の子に遲れ躑躅と夏ひばり

 

ほたる火を曳きつぶしたる艫繩かな

 

ねみだれて闇むしあつしほたる籠

 

溪下る大揚羽蝶どこまでも

« i畫伯   山之口貘 | トップページ | 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(18) 「秋より冬へ」(後) »