フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「紅絲」 凍蝶抄 Ⅳ | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 昭和十年(九十九句) Ⅲ »

2014/05/23

篠原鳳作初期作品(昭和五(一九三〇)年~昭和六(一九三一)年) ⅩⅧ

 

掌に唾一吐きや年木樵

 

月の菊白とも見ゆれはた黄とも

 

大根干すうなじ打つたる霜雫

 

馳せよりて後ろ押しけり稻車

 

合住みの友を賴りや風邪籠り

 

もろ共に肥えて蝗のめをと哉

 

掛乞のおそれをなして歸りけり

 

[やぶちゃん注:「掛乞」は「かけごひ(かけごい)」と読み、掛け売り(代金後払いの約束で品物を売ること)の代金を取り立てに来る人のこと。]

 

おでん屋の湯氣の中なる主かな

 

書出しを留守のとぼそに挾みけり

 

[やぶちゃん注:「書出し」掛け売りで買い、その溜まっている代金の請求書。特に年末の決済のための請求書。勘定書。つけ。]

 

おでん屋をぬくもり出づるきほひ哉

 

[やぶちゃん注:これらの四句、偶然かも知れないが連続したものとして読め、さすれば、つっぱらかって偉そうにしかも安いおでん如きをつけで食っていた詩人、そのおでん屋の気のいいしかも気の弱い主人というシチュエーションが小気味いい組み写真となるよう思われるのであるが、如何?]

 

斑猫に足の運びを早めけり

 

[やぶちゃん注:「斑猫」は鞘翅(コウチュウ)目オサムシ亜目オサムシ上科ハンミョウ科ナミハンミョウ Cicindela japonica 、所謂、ミチオシエである。人が近づくと一、二メートル程飛んで直ぐ着地するという行動を繰り返し、その過程で度々、後ろを振り返るような動作をする本種の習性をうまく詠み込んでいる。なお、「斑猫」全般については、私の「耳嚢 巻之五 毒蝶の事」の注で詳細を述べておいた。是非、参照されたい。]

 

道をしへ落陽の方へ返しけり

 

畦ゆけば畦ゆけばとぶ螽かな

 

[やぶちゃん注:「螽」は「いなご」と読む。]

 

御佛の小さき障子や洗ひをり

« 橋本多佳子句集「紅絲」 凍蝶抄 Ⅳ | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 昭和十年(九十九句) Ⅲ »