フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和十年(九十九句) Ⅰ | トップページ | 盲目の子   山之口貘 »

2014/05/14

大和本草卷之十四 水蟲 介類 蚌

蚌 カラスガヒ。トブガイ并江州ノ方言ナリ琵琶湖ニアリ

長七八寸アリ他州ニモ池塘ニ處々ニアリ海ニハナシ食ス

ヘシ殻ハ蛤粉ノ如クヤキテカヘヲヌル

〇やぶちゃんの書き下し文

蚌〔(ばう)〕 からすがひ。どぶがい。并びに、江州の方言なり。琵琶湖にあり、長さ七、八寸あり。他州にも池塘に處々にあり。海にはなし。食すべし。殻は蛤粉〔(がふふん)〕のごとく、やきて、かべをぬる。

[やぶちゃん注:斧足綱古異歯亜綱イシガイ目イシガイ科イケチョウ亜科カラスガイCristaria plicata 及び同属の琵琶湖固有種メンカラスガイCristaria plicata clessini (カラスガイに比して殻が薄く、殻幅が膨らむ)と、イシガイ科ドブガイ属 Sinanodonta に属する大型のヌマガイ Sinanodonta lauta(ドブガイA型)と、小型のタガイ Sinanodonta japonica(ドブガイB型)の二種。カラスガイとドブガイとは、その貝の蝶番(縫合部)で識別が出来る。カラスガイは左側の擬主歯がなく、右の後側歯はある(擬主歯及び後側歯は貝の縫合(蝶番)部分に見られる突起)が、ドブガイには左側の擬主歯も右の後側歯もない。私の電子テクスト寺島良安の和漢三才圖會 卷第四十七 介貝部 の「蚌(どぶがい)」及び「馬刀(からすがい)」の項の注で詳細に分析しているので参照されたい。因みに、国立国会図書館蔵の底本と同本には同箇所の頭書部分に付箋があって、

蚌 仙臺ニテヌマカヒト云

とある。

「七、八寸」約二一・二~二四・三センチメートル。

「殻は蛤粉」胡粉(ごふん)。白色顔料。貝殻を焼成し、砕いて粉末にしたもの。成分は炭酸カルシウム。室町以降に用いられるようになった。ここに出るような壁の塗装以外に日本画の絵の具として用いられる。古くはこの字通り、ハマグリの殻を精製して造っていたが、現在はカキ殻を主原料とする。]

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和十年(九十九句) Ⅰ | トップページ | 盲目の子   山之口貘 »