フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 盲目の子   山之口貘 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十二章 北方の島 蝦夷 1 函館到着 »

2014/05/14

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 秋名の山

    ●秋名の山

大楠山ともいふ、中西浦村大字秋谷の東北に聳え、仮面を抽(ぬ)く七百二十五尺、群内第一の高山なり、秋谷村より阪路(はんろ)二十町餘、山顚には大樹老木の類なく、之に登臨すれば、眼界豁然として開け、馳望千里、近國の名山悉く指點すべし、萬葉集に歌あり。

 あしかりの秋名の山にひこ舟の

        しりびかしもよこゝはこかたに

と即ち此地の風色(ふうしよく)を詠ぜしものなり。

[やぶちゃん注:横須賀市西部にある標高二四一・三メートルの山(本文の「七百二十五尺」はやや低く二一九・七メートル相当)。三浦丘陵の一角をなし、三浦半島最高峰。ウィキの「大楠山」によれば、『標高は高くないものの周囲に自身より高い山が無く、山頂からの眺望の良さで知られる。三浦半島全域から相模湾、東京湾や房総半島をはじめ、気象条件が良ければ富士山や伊豆半島、東京都心までを眺められる』とある。横須賀市経済部商業観光課公式サイト「ここはヨコスカ」に載る、秋名漁港から頂上までの約三・六キロメートルの「大楠山ハイキングコース(前田川ルート)」である(本文の「二十町餘」は二・二~二・八キロメートル相当でこれはやや短過ぎる)。

「馳望千里」「馳」は音「チ」で眼をはしらせればということであろうが、実はこの冒頭「逗子の部」の「逗子案内」の中の最後の部分の、この秋名の山の解説に既に「馳望(てうぼう)千里」と出る。このルビからは「眺望」の積りであるらしい。

「あしかりの……」これは「万葉集」巻第十四の「東歌」の「相模國の歌」三首の冒頭(三四三一番歌)、

足柄(あしがり)の安伎奈(あきな)の山に引(ひ)こ船の後引(しりひ)かしもよここば來(こ)がたに

である。上句が序詞となっている。

……足柄山のあきなの山、その山の中の巨木を削って造った船、それが出来上がって海へと引き下ろす……その後ろから引き支えながら下すように……後ろ髪が引かれるんだ、お前が恋しくて恋しくて……とてものことに、帰りがたいんだ……

であるが、「足柄」は明らかに現在の神奈川県足柄上・下両郡であろうと思われる(「安伎奈の山」はその山中のピークの名か、今に伝わらぬ)。]

« 盲目の子   山之口貘 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十二章 北方の島 蝦夷 1 函館到着 »