フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 小産石 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第十章 雌雄の別 序 »

2014/05/11

大和本草卷之十四 水蟲 介類 淺利貝

【和品】

淺利貝 小蛤ナリ淺海沙中ニアリ殻ニタテニ皺アリカ

ラウスシ文蛤ヨリ小ニシテ殻ノ膚アラシ花文アルモアリ色々

アリ形ハ同シ淡黄紅白三色マジレルアリ煮テ食ス味淡

美ナリクシニサシテホシテ遠ニ寄ス味淡キ故性カロシ他

ノ蛤ニマサレリ〇波遊アサリニ似テ殻厚シ味淡美殻ニ

花紋アリ甚美ナリ又無花紋モアリ大ナルハ長一寸計

アリ小蛤ナリ

〇やぶちゃんの書き下し文

【和品】

淺利貝(〔あさ〕り〔かひ〕) 小蛤〔(せうがふ)〕なり。淺海の沙中にあり、殻にたてに皺(しは)あり。から、うすし。文蛤〔(はまぐり)〕より小にして殻の膚、あらし。花文あるもあり。色々あり、形は同じ。淡黄・紅・白・三色まじれるあり。煮て食す。味、淡美なり。くしにさして、ほして、遠くに寄す。味淡き故、性、かろし。他の蛤にまされり。

「波遊」あさりに似て、殻(から)、厚し。味、淡美。殻に花紋あり。甚だ美なり。又、花紋無きもあり。大なるは長さ一寸計りあり、小蛤なり。

[やぶちゃん注:マルスダレガイ科アサリ亜科アサリ Ruditapes philippinarum 及び同アサリ属の仲間。

「淡黄・紅・白」底本では「淡黄」と「紅白」の間には熟語を示す傍線が挿入されているから、厳密な意味で書き下すなら「淡黄・紅白」であるが、それだと直下の「三色」との繋ぎが悪いのでかく中黒を配した。

「遠くに寄す」海から離れた遠地へと送る。

「性、かろし」食物としての滋養や効果が至って穏やかであることを言うか。

「波遊」記載からは有意にアサリ Ruditapes philippinarum とは別種のように読めるから、マルスダレガイ科フキアゲアサリ属オキアサリ Gomphina semicancellata かと思われる(若しくは遺伝的に近似しているために自然環境化では雑種化することがあるとされる同フキアゲアサリ属コタマガイGomphira melanegis 及びその雑種を含む。ここはウィキコタマガイ」に拠る)。ぼうずコンニャク氏の「市場魚貝類図鑑」のオキアサリページの「地方名・市場名」の欄に『ナミアソビ(波遊)』とある。但し、「波遊」は貝類収集家のサイトなどではアサリの別名とする記載もあり、言っておくと先に掲げたぼうずコンニャク氏の「地方名・市場名」の中にも実は『アサリ』及び『ハマグリ』ともある。因みに、国立国会図書館蔵の底本と同本には同箇所に旧蔵本者によるものと思われる付箋があって、

波遊 気仙ニテハマサミチト云

とある。「気仙」(ママ)は気仙沼であろう。「マサミチ」という地方名は現認出来ない。

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 小産石 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第十章 雌雄の別 序 »