フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 228 大正十四年 松山にて 五句 | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 昭和十年(九十九句) Ⅵ »

2014/05/29

i畫伯   山之口貘

 i畫伯

 

世の虛僞はすべて消滅すべく

i畫伯よ

藝術を眞に汝の生命に見ば

反省せよ、

よくも汝は琉球を馬鹿に見し

嗚呼汝よ!

果てなく續くべきか汝の藝術は、

おれは汝の畫を求めし

人の氣の毒さに

汝の命は海路に絶えかしと祈る

世人を欺きし愚かなゑがき

汝の藝術は

常に虛僞にして、

とこしなへにのこらず、

汝よ、i畫伯よ

汝に欺かれしもの達を見よ――

しぼりしぼれる難苦の汗を

犧牲にせし報酬は

盲人の如く

心なく汝の畫を求めき。

i畫伯よ 汝は罪惡を祕めつゝ

面の皮は人二倍も厚く

そ知らぬ風す、

今のおれはエス樣もいらぬ

汝の罪を告白しなば――

i畫伯よ

汝の藝術の目覺めにもなれかし

 

[やぶちゃん注:底本では末尾に下インデントで『一九二一・七・一五』とある。大正一〇(一九二一)年十月一日附『八重山新報』に前の「情火立つの夜」とともに二篇が並載されたものと思われる。

 「エス樣」イエス様か。

 バクさんにして恐るべき個人攻撃、否、呪詛の詩である。この画家はバクさんの面識のない人物とは到底思えず、かつて親しく交わり心酔していた人物であったにも拘わらず、この時には激しく裏切られたという感懐を持っていたと推定出来ること、バクさんが彼をあえて「畫伯」と呼称していること、旧全集の年譜の大正八(一九一九)年の記載に当時十六だったバクさんがある著名な洋画家と親しく交流した事実が載ること、ところがバクさんの「私の青年時代」「ぼくの半生記」を読んでもその画家についての記載が全く現れないこと――等々から一つの推理が可能だとは思っている。但し、その人物の本名や雅号のイニシャルは「i」ではない。されば、私の憶測はここまでに止めておくこととはする。関心のある向きは旧全集を披見されたい。]

« 杉田久女句集 228 大正十四年 松山にて 五句 | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 昭和十年(九十九句) Ⅵ »