フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(16) 「春のたはむれ」(後) | トップページ | 耳嚢 巻之八 雀軍の事 »

2014/05/23

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 木古庭の不動の瀧

    ●木古庭の不動の瀧

龍谷山と號す、木古庭の鎭守なり。堂の邊に瀧あり。高一丈七尺、幅三尺、不動瀧と唱ふ。水田に灌漑す。

[やぶちゃん注:以下の引用は、底本では全体が一字下げ。]

新編相模國風土記曰元祿の末、水涸(かれ)て用水に乏しかりしに、寶永四年、本圓寺住職日進。陀羅尼品(だらにほん)を讀誦して祈誓す、依て水舊に復すといふ、此事扁額に記し、今に堂前に掲(かゝ)く、爾來報賽(ほうさい)の爲(ため)、村民等毎月二十七日の夜、此堂に集會し、題目を唱ふ。

[やぶちゃん注:三浦郡葉山町木古庭(きこば)小字大沢に「木古庭不動尊」として現存するが、現在ここは一キロほど離れたところにある日蓮宗大明山本圓寺の持分(境外堂)となっている。本圓寺公式サイトに「瀧不動堂」として詳細な解説があり、それによれば、鎌倉幕府開幕前、不動明王の熱心な信者であった畠山重忠が衣笠城に三浦大介義明を攻めたが、その際、『木古庭の畠山という場所に城を築き、守り本尊の不動明王像を安置して戦勝を祈り、戦ったところ、御利益があって勝利し』『凱旋の後、重忠公が像をこの滝谷山に勧請すると、一夜のうちに山から清水がこんこんと湧き出で、一條の滝となったという』縁起が語られてある。

「元祿の末」元禄は十七年に宝永元年に改元。

「寶永四年」西暦一七〇七年。]

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(16) 「春のたはむれ」(後) | トップページ | 耳嚢 巻之八 雀軍の事 »