フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 神   山之口貘 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十二章 北方の島 蝦夷 7 荷馬 / 魚板 »

2014/06/07

飯田蛇笏 靈芝 昭和十一年(百七十八句) Ⅲ

鵯猛けく稚木の椿さく峯かな

 

[やぶちゃん注:読み不詳。「ひよたけく/ちぎのちんさく/たかねかな」ととりあえず読んでいる。]

 

椿咲く針葉樹林拓かれぬ

 

さゞき鳴く破風老梅の咲き滿てる

 

[やぶちゃん注:「さゞき」はスズメ目ミソサザイ科ミソサザイ Troglodytes troglodytes のこと。ウィキの「ミソサザイ」に、『日本では古くから知られている鳥で、古事記・日本書紀にも登場する』。『古くは「ササキ」であったが時代が下り「サザキ」または「ササギ」「ミソササギ」等と言った。冬の季語とされている』『江戸時代の俳人小林一茶が「みそさざい ちっというても 日の暮るる」の句を詠んでいる』とある。]

 

   春還山莊

 

溪聲に山羊鳴き榛の花垂りぬ

 

[やぶちゃん注:前書は一般表現と採った。固有名詞で御存じの方は御教授願いたい。「榛」既注であるが、実はハシバミもハンノキも孰れも似たような垂下する花で同定の根拠には意外なことにならない。こうなってはお手上げ。識者の御教授を乞うものである。]

 

夏近き禁裡の雲に啼く鴉

 

種痘する肌の魔幽くかゞやけり

 

[やぶちゃん注:私の偏愛する句。]

 

温泉山みち凝る雪みえて躑躅咲く

 

葉もなくて擽の老樹花滿てり

 

花冷えや孔雀の紫金夜をめげず

 

   大月、巖殿山

 

行く春の亭に子女よる嶽一つ

 

[やぶちゃん注:「巖殿山」は現在の山梨県大月市賑岡町(にぎおかまち)にある標高六三四メートルの岩殿山(いわどのやま)のことであろう。ここには甲斐国都留郡の国衆小山田氏の居城とされる岩殿山城という山城があった。戦国時代には東国の城郭の中でも屈指の堅固さを持っていたことで知られた城で現在、山梨県指定史跡(以上はウィキ岩殿山城に拠った)。]

« 神   山之口貘 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十二章 北方の島 蝦夷 7 荷馬 / 魚板 »