フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「紅絲」 蘇枋の紅 Ⅱ | トップページ | 苦痛の樂天地  山之口貘 »

2014/06/21

橋本多佳子句集「紅絲」 蘇枋の紅 Ⅲ どこまでも風蝶一路会ひにゆく

  石田波郷を東京郊外清瀬病院に見舞ふ。手

  術直後にてその瞳に会ひしのみ 一句

 

どこまでも風蝶一路会ひにゆく

 

[やぶちゃん注:この訪問の翌月(と思われる。前句注からの推定)、昭和二五(一九五〇)年六月に刊行された波郷の句集「惜命」は子規を先駆とする闘病俳句の最高傑作と位置付けられているとウィキの「石田波郷にある。石田波郷は大正二(一九一三)年生まれで多佳子より十四も年下であった。彼は昭和一九(一九四四)年に左湿性胸膜炎を発症、永きに亙る闘病の末、昭和四四(一九六九)年に満五十六歳で肺結核のために亡くなった。但し、多佳子はそれに先立つ六年前の昭和三八(一九六三)年五月二十九日に肝臓癌・胆嚢癌及びその転移により、満六十四歳で既に亡くなっている。]

« 橋本多佳子句集「紅絲」 蘇枋の紅 Ⅱ | トップページ | 苦痛の樂天地  山之口貘 »