フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「紅絲」 冬の旅 Ⅱ 金沢へ | トップページ | 秋の學び屋   山之口貘 »

2014/06/06

今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅13 殺生石 石の香や夏草赤く露あつし

本日二〇一四年六月 六日(陰暦では二〇一四年五月九日)

   元禄二年四月十九日

はグレゴリオ暦では

  一六八九年六月 六日

である。

【その二】同日、温泉(ゆぜん)大明神に参詣した後の午後、同明神下の岡の中腹にある殺生石を見ている。

 

  殺生石

石の香(か)や夏草赤く露あつし

 

[やぶちゃん注:「曾良随行日記」四月十九日の条の最後に載り、直後に『正一位ノ神位被加ノ事、貞享四年黑羽ノ舘主信濃守増榮被寄進之由。祭禮、九月廿九日。』と記されてある。貞享四年は西暦一六八七年でこの二年前であるから、社殿は新装の美しいものであったと考えられる。

 以下、「奥の細道」の殺生石の段。句は採られてない。

   *

殺生石は温泉の出る山陰に

あり石の毒氣いまた

ほろひす蜂蝶のたくひ眞砂

の色の見えぬほとかさなり死す

   *

■やぶちゃんの呟き

 言わずもがな乍ら、「蜂蝶のたぐひ、眞砂の色の見えぬほど、かさなり死す」というのは実景ではない。

 

シテ「のうのあれなるおん僧 その石のほとりへな立ち寄らせ給ひそ」

ワキ「そもこの右のほとりへ寄るまじき謂はれの候ふか」

シテ「それは那須野の殺生石とて 人間(にんげん)は申すに及ばず 鳥類畜類までも觸はるに命なし。かく恐ろしき殺生石とも 知ろしめされでお僧たちは 求め給へる命かな」

 

「蜂蝶のたぐひ、眞砂の色の見えぬほど、かさなり死す」こそが芭蕉の真の句心であったのだ――まさしくこの時、芭蕉は自身を謡曲の「殺生石」の舞台の中に置いていた――そしてその能舞台はフェイド・アウトからフェイド・インしてそのまま次の段の演目「遊行柳」へと転じてゆくのである。――]

« 橋本多佳子句集「紅絲」 冬の旅 Ⅱ 金沢へ | トップページ | 秋の學び屋   山之口貘 »