フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十三章 アイヌ 5 札幌にて(Ⅰ) 札幌農学校のこと / 羆のこと【注は凄惨な内容を持つので注意!】 | トップページ | 晝はからつぽである   山之口貘 »

2014/06/30

夜は妊娠である   山之口貘

 夜は妊娠である

 

さても

さてもこの夜天に燦燦と燃え昇るもの

無數の希望の纖纖と伸びる

暗い靈感をめざしてのび■もの

 

おう このはげしい電流の淫蕩に

夜の空間はうるはしい妊娠である。

 

[やぶちゃん注:初出は大正一四(一九二五)年八月発行の『抒情詩』。「■」は底本の思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」本文では「る」に推定されてある。ペン・ネームは「山之口貘」となっている。バクさんが「貘」を名乗った現存する最古の発表詩群がこれ(以下参照)、ということになろう。

 この詩は「ぼくの半生記」(一九五八年十一月から十二月にかけての『沖繩タイムス』への二十回連載)の以下の記載によって、創作は大正一二(一九二三)年中、九月一日の関東大震災に遭遇する前後(起筆はすべて震災前であろう)、被災者恩典で沖繩に帰京する直前に同誌の懸賞募集に投稿した四篇(本詩と以下に掲げる「晝はからつぽである」「莨 ―ニヒリストへの贈物―」「日向のスケツチ」)の内の一篇であることが分かる。以下に当該部分を引用する(底本は一九七六年刊の思潮社版旧全集「山之口貘全集 第三巻 随筆」)。

   《引用開始》

 話は、前後するが、震災でぼくが帰郷する直前であったが、東京で「じょ情詩」という詩専門の雑誌にぼくは投稿したことがある。

 内藤振策、赤松月船、松本順三、伊福部隆輝、佐藤惣之助、金子光晴、井上康文といった顔ぶれが執筆していた。その雑誌が、詩の懸賞募集をやったことがある。当選者の詩集を出版してやるというのが、その懸賞の条件になっていたので、応募してみようとの気持がおこった。でも応募するくらいなら、当選するものを書かなくては、なるまいとおもい、ぼくはまず選者の顔ぶれをよく吟味した。七、八人の選者の中から自分の好きな選者を指定してよいとのことだったので、ぼくは佐藤惣之助氏を選んだ。佐藤氏の詩がいちばんいいとおもったからではなく、佐藤氏がみとめてくれそうな詩を、ぼくが書けるとおもったからなのである。

 震災の罹災民としてぼくが沖縄にかえるとき、当選を確信しつつ、富士見町のポストにその詩稿を投函した。「日向のスケッチ」「昼は空っぽである」「夜は妊娠である」という三篇の詩である。それが発表されたのはぼくが沖縄に帰ってからのことであった。自分としては、佐藤惣之助ばりの詩を書いたつもりだったが、当選ではなく、佳作とされて発表されていた。なんでもそのときの応募作には賞に価いする優秀作がなかったということだったらしい。

 あとでぼくが詩集を発行するときに、これらの詩は自分の詩集に入れなかった。

 つまりは、詩作の動機に先に述べた意味の不純があったと考えたからなのである。

 ぼくが懸賞に応募したのは、これが初めでもあれは、終りでもある。

   《引用終了》

「じょ情詩」はママ。『「日向のスケッチ」「昼は空っぽである」「夜は妊娠である」という三篇の詩』とあるが、実際には先に示した四篇である(その辺りの事実はこれらの詩を新たに掘り起こしてくれた思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の松下博文氏の解題をお読み頂きたい)。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十三章 アイヌ 5 札幌にて(Ⅰ) 札幌農学校のこと / 羆のこと【注は凄惨な内容を持つので注意!】 | トップページ | 晝はからつぽである   山之口貘 »