フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「紅絲」 梅雨の藻 | トップページ | 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(22) 酒場の一隅より(Ⅱ) »

2014/06/26

飯田蛇笏 靈芝 昭和十一年(百七十八句) Ⅹ

  杜藻君來訪、大谷山に訪づ

 

折りとりて君に嗅がする枯荏かな

 

[やぶちゃん注:「杜藻君」ホトトギス派の俳人京極杜藻(とそう 明治二七(一八九四)年~昭和六〇(一九八五)年)。元京極運輸商事会長。本名は友助。「大谷山」不詳。蛇笏のいた現在の山梨県南巨摩郡南部町万沢境川の近くでないとおかしいが山名・山号ともに発見出来ない。識者の御教授を乞う。「枯荏」は「かれえ」で「荏」はシソ目シソ科シソ属エゴマ変種エゴマ Perilla frutescens var. frutescens 。]

 

春蘭は實の枯れ枯れに靈芝生ふ

 

靈芝とる童に雲ふかき甌窶かな

 

[やぶちゃん注:両句が本句集の標題句。「甌窶」既注。先の「春鹿を射て舁きいでし甌窶かな」に『注。甌窶は山の高処にして傾斜せる地を云ふ。』とあり、そこで私は『「甌窶」は「おうる」と読ませているらしい。諸注は高台の狭い土地とする。「甌」は原義が小さな平たい鉢、「窶」は小さな塚や岡を指す。通常は「おうろう」であるが、小丘の謂いの場合、「ル」という音を持っている。』と注した。]

 

くさ飼えば夜寒の老馬ゑまひけり

 

除夜の鐘龕の一炷睡りけり

« 橋本多佳子句集「紅絲」 梅雨の藻 | トップページ | 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(22) 酒場の一隅より(Ⅱ) »