フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅19 關守の宿を水鷄にとはうもの | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅20 五月雨は滝降うづむみかさ哉 »

2014/06/14

道路の運命   山之口貘

 道路の運命

 

舊道は、時の流れに葬られ……

新道は默々として

踏みつぶされつゝ

あらゆる生物の、摩擦に

美しく光る……

舊道を側の雜草は、次第に

殖える行く

その凸凹の道を――

人類のからだは、總ての生物は

白日の強き強き光線に疲れ

乾ききつた畑に

哀れにも可弱き野菜の

生涯の如く

うなだれ、佇ずみ、欺く……

おゝ舊き道路よ

汝は衰ひ

おゝ新しき道路よ

すべては汝を喜ぶ。

 

[やぶちゃん注:底本では末尾に下インデントで『一九二一・十二・二一』とある。大正一一(一九二二)年二月二十一日附『八重山新報』に「三路」のペン・ネームで、続く「靜かな夜」「書室にて」とともに三篇掲載された。

 この詩は私には、高村光太郎(当時、満三十八歳)の私の嫌いな「道程」(プロトタイプの一〇二行の長詩は大正三(一九一四)年三月号『美の廃墟』に発表。後に同年十月刊の詩集『道程』で九行詩となった)、

 

   道程  高村光太郎

 

 僕の前に道はない

 僕の後ろに道は出來る

 ああ、自然よ

 父よ

 僕を一人立ちにさせた廣大な父よ

 僕から目を離さないで守る事をせよ

 常に父の氣魄を僕に充たせよ

 この遠い道程のため

 この遠い道程のため

 

のインスパイアというより寧ろ、萩原朔太郎(当時、満三十五歳)のネガティヴな「純情小曲集」の小出新道」初出『日本詩人』第五巻第六号・大正一四(一九二五)年六月号

 

  小出新道

 

 ここに道路の新開せるは

 直(ちよく)として市街に通ずるならん。

 われこの新道の交路に立てど

 さびしき四方よもの地平をきはめず

 暗鬱なる日かな

 天日家竝の軒に低くして

 林の雜木まばらに伐られたり。

 いかんぞ いかんぞ思惟をかへさん

 われの叛きて行かざる道に

 新しき樹木みな伐られたり。

 

遙かに先行するところの、詩人山之口貘のポジティヴな宣言であると感ずるものである。確かにバクさんは未来の萩原朔太郎の屍を洗骨した後、美事にポイと投げ出しているのである。バクさん、満十九歳であった。]

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅19 關守の宿を水鷄にとはうもの | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅20 五月雨は滝降うづむみかさ哉 »