フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 僕は | トップページ | 橋本多佳子句集「紅絲」 冬の旅 Ⅰ 九州路 »

2014/06/03

歎き――宮古鳥の詩を讀んで   山之口貘

 歎き――宮古鳥の詩を讀んで

 

いやな生命――

痛切の賜は

情無の恨――

懷しき他所の詩よ

惱みつゝ小さき詩人は枯れて行

「風薰る初夏に性は蘇らん」と

小さき身よ………おゝ

痛くも歎きの只中を孤獨に

風薰る初夏よ

風薰る初夏よ

性の消失――

性の墓地――

默せる柔順よ

永遠に初夏に埋れて

淸花香の芳しきにほひに

陰鬱な墓地のわきに幾度か煙る

おゝ若き詩情の生存は悲しく

日沒の如く

哀へつゝもこの生命

 

[やぶちゃん注:大正一〇(一九二一)年十月十一日附『八重山新報』に「佐武路」のペン・ネームで掲載された。底本新全集本文は最後の行の、

 

哀へつゝもこの生命

 

の「哀」を「衰」の誤植とみなして、

 

衰へつゝもこの生命

 

とする。「枯れて行」はママ。

「宮古鳥の詩」不詳。底本解題にも記さない。「宮古鳥」が人名(詩人のペン・ネーム)や一篇の具体的な詩の題名としての固有名詞なのか、それとも「宮古鳥」という鳥の呼称(具体的な鳥類の通称)なのか全く不明。かく漢字で書く「みやこどり」という鳥はいない。ネットにはこの文字列自体が出現しない。なお、初見の際には私は「宮古島の詩」と誤読して読んでいた。詩の内容からは詩人のペン・ネームの可能性が強いようには思われる。識者の御教授を乞うものである。

「淸花香」ネット検索をかけると台湾産の高級烏龍茶にこの名称があるが、これか?]

« 僕は | トップページ | 橋本多佳子句集「紅絲」 冬の旅 Ⅰ 九州路 »