フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅20 五月雨は滝降うづむみかさ哉 | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 昭和十一年(百七十八句) Ⅵ »

2014/06/14

橋本多佳子句集「紅絲」  寧楽

 寧楽

 

[やぶちゃん注:「寧楽」は奈良の古表記。]

 

  春日神社節分宵宮 二句

 

万燈のどの一燈より消えむとす

 

離るれば万燈の燈(ひ)となりにけり

 

野の鹿も修二会(しゆにゑ)の鐘の圏(わ)の中に

 

[やぶちゃん注:「修二会」国家安泰を祈る法会で、ここは東大寺のそれ。所謂、お水取りである。同寺の修二会の本行は現在は新暦三月一日から十四日までの二週間に亙って二月堂で行われる。]

 

修二会僧女人のわれの前通る

 

つまづきて修二会の闇を手につかむ

 

凍る火の焰を割(さ)きて僧頒つ

 

  春日野あたり

 

野火燃やす男は佳(よ)けどやすからず

 

がうがうと七星倒る野火の上

 

野火あとに水湧く火(ほ)中にても湧きし

 

  唐招提寺

 

蛇いでゝすぐに女人に会ひにけり

 

蛇を見し眼もて彌勒を拝しけり

 

吾去ればみ仏の前蛇遊ぶ

 

  唐招提寺道

 

ゆきすがる片戸の隙も麦の金

 

[やぶちゃん注:「ゆきすがる」道行くに便りとする(ところの農家のその)という謂いか。]

 

手に拾ひ金色はしる麦一と穂

 

  東大寺 法華堂 月光菩薩

 

初蝶に合掌のみてほぐるゝばかり

 

[やぶちゃん注:この「ほぐるゝばかり」は作者の心がやわらぐの謂いとしかとれないが、そうすると如何にも飛躍に欠いた説明的なつまらない句となる。寧ろ、蝶がとまって羽を畳んでまた羽ばたくというさまを「ほぐるゝばかり」と表現したとすればこれは面白いが、そう解釈するには中七の「合掌のみて」の叙述に無理がある。]

 

  興福寺

 

北庭に下りて得たりし蝸牛

 

仏母たりとも女人は悲し灌仏会

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅20 五月雨は滝降うづむみかさ哉 | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 昭和十一年(百七十八句) Ⅵ »