フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 只今ブログ・アクセス数589700ジャスト | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十二章 北方の島 蝦夷 17 小樽にて »

2014/06/15

橋本多佳子句集「紅絲」  鹿

  鹿

 

二月尽林中に鹿も吾も膝折り

 

野火跡を鹿群れ移る人の如

 

野火あとに雄鹿水飲む身をうつし

 

仔鹿駆くること嬉しくて母離る

 

万緑やおどろきやすき仔鹿ゐて

 

乳(ち)飲む仔鹿四肢張り尾上げ露まみれ

 

    ○

 

袋角(ふくろづの)指触れねども熱(あつ)きなり

 

[やぶちゃん注:「袋角」鹿の若角。鹿類の角は毎年抜け落ちるが、その、一般に夏に生え替わったばかりの皮を被って瘤のようになっているものをいう。当初、外側は毛の生えた皮膚に覆われていて、その内側に血管が通っていて栄養を補給し、その中心に骨質が形成される。十分に伸長すると血液が止まり、外側の皮膚は死んで乾燥し見慣れた角になる。夏の季語。]

 

袋角鬱々と枝(え)を岐ちをり

 

袋角神の憂鬱極りぬ

 

袋角見し瞳(め)瀆れてゐたりけり

 

袋角森ゆきゆきて傷つきぬ

 

   ○

 

  秋は

 

息あらき雄鹿が立つは切なけれ

 

背を地にすりて妻恋ふ鹿なりけり

 

雄鹿の前吾もあらあらしき息す

 

寝姿の夫(つま)恋ふ鹿か後肢抱き

 

女(め)の鹿は驚きやすし吾のみかは

 

にはたづみ鹿跳び遁げてまた雲充つ

 

   ○

 

一つづゝ落暉ふちどるみは冬鹿

« 只今ブログ・アクセス数589700ジャスト | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十二章 北方の島 蝦夷 17 小樽にて »