フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十二章 北方の島 蝦夷 8 子が詠う詩歌は何? | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅16 早苗にもわがいろ黑き日數哉 / 西か東か先づ早苗にも風の音 »

2014/06/07

大和本草卷之十四 水蟲 介類 タコブ子

【外】

タコブ子 貝大ニシテツリ花入ニナル海中ニテタコ其上ニノル

此物漢名不詳江橈ナルヘシト云説アリ非ナリ

〇やぶちゃんの書き下し文

【外】

たこぶね 貝、大にして、つり花入れになる。海中にて、たこ、其の上にのる。此の物、漢名、不詳。「江橈」なるべしと云ふ説あり。非なり。

[やぶちゃん注:タコの一種である頭足綱八腕形上目タコ目アオイガイ科アオイガイ属タコブネ Argonauta hians 。別名フネダコ。ウィキの「タコブネ」によれば、『太平洋および日本海の暖海域に分布する。同様の殻を生成する近縁種としては、アオイガイやチヂミタコブネがよく知られている』。『タコブネのメスが生成する貝殻は、他の生物が住み処として再利用することがあり、また、繊細で美しいフォルムを有することから、工芸品のように扱われたり』、『アンモナイトの化石のように収集趣味の対象になっている』(私も大小三個を所持している)。『タコブネは、主として海洋の表層で生活する。メスは第一腕から分泌する物質で卵を保護するために殻をつくるのに対し、オスは殻をつくらない。生成される殻はオウムガイやアンモナイトに類似したものであるが、外套膜からではなく特殊化した腕から分泌されるものであるため、これらとは相同ではなく構造も異なる』。『食性は、タコと同様肉食性であり、稚魚や甲殻類(エビ・カニのなかま)を食べる。通常は海中を浮遊するが、取り込んだ海水を噴射することによって海中を前進することもできる』。成長した♀は七~八センチメートル前後になるが、♂はその二〇分の一ほどの大きさにしかならない。オスは八本の足のほかに交接腕(Hectocotylus:ヘクトコチルス)を有し、交接腕には精嚢が格納されていて、交尾はオスが交接腕をメスの体内に挿入した後切断されるかたちで行われ、受精はメスの体内で行われる。メスは貝殻の内側に卵を房状に産みつけ、新鮮な海水を送り込むなどしてこれを保護する、とある。この交接法はタコでは一般的なもので、ヘクトコチルスについては私の生物學講話 丘淺次郎をお読み頂ければ幸いである。

「つり花入れ」釣花瓶のこと。

「江橈」音は「ガウゼウ(ゴウジョウ)」。「栗氏千蟲譜」巻九に(リンク先は私の電子テクスト)、「指甲螺※」[やぶちゃん字注:底本では、「指」の部分の字は(つくり)が「上」+「曰」であるが、このような漢字はなく、意味の上から指の爪を指すと考え、独断で「指」とした。以下、同じ。]という項があり、そこに、

   *

栗本丹洲「漳州府志」云、『江橈、綠殼白尾、其形如舩橈。故名。「泉郡志」、以形如指甲、名指甲螺。「泉南雜志」、北方謂泥磚曰、土坯、晋江有海介屬。亦曰、土坯、綠殼白尾、其旁有毛。「臺湾府志」、海豆芽。一名塗坯。』。

   *

とある。これは叙述からも同書の図からも、触手動物門腕足綱無穴目シャミセンガイ科のミドリシャミセンガイ Lingula anatine またはその仲間であることは間違いない。益軒先生、正解!]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十二章 北方の島 蝦夷 8 子が詠う詩歌は何? | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅16 早苗にもわがいろ黑き日數哉 / 西か東か先づ早苗にも風の音 »