フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅28 松島 嶋々や千々にくだけて夏の海 | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅29 雲巌寺 »

2014/06/25

虐げられるもの   山之口貘

 虐げられるもの

 

薄暗い部屋の中に

淋しく、雨の降る音は聞える

濕つた部屋の中に、私は

人生の聞きいたしい悲鳴を聞き

てそして自分も悲鳴をあげてゐ

るあゝ多くの

人間の氣の暴惡さが

しみじみ私の

胸を刺して止まない……

弱いものの昨日の勇健は

今總てに制抑されつゝ

か哀相にも

瞳を閉ぢて泣いてゐる。

 

[やぶちゃん注:底本では末尾に下インデントで『一九二二・一・一八』とある(前の「Y生へ」と同日)。大正一一(一九二二)年二月十一日附『八重山新報』にやはり前の「Y生へ」とともに掲載された。ペン・ネームは「佐武路」。以上は、最も不可解な「人生の聞きいたしい悲鳴を聞き/てそして自分も悲鳴をあげてゐ/るあゝ多くの」の文字列を含め、底本とした思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の解題に基づいて復元した掲載紙本文の文字列そのものである。但し、同新全集ではこれを誤植と断じて本文を以下のように『意味が通るよう掲載紙本文を修正し』(解題)ている。正字化して示す。

 

 虐げられるもの

 

薄暗い部屋の中に

淋しく、雨の降る音は聞える

濕つた部屋の中に、私は

人生のいたいたしい悲鳴を聞きて

そして自分も悲鳴をあげてゐる

あゝ多くの

人間の氣の暴惡さが

しみじみ私の

胸を刺して止まない……

弱いものの昨日の勇健は

今總てに制抑されつゝ

か哀相にも

瞳を閉ぢて泣いてゐる。

 

概ね穏当な『修正』とは言えるが、しかし例えば、この錯雑した文字列からは、

 

人生の悲鳴を聞きていたいたしい

そして自分も悲鳴をあげてゐる

 

や、

 

人生の悲鳴を聞いていたし

そして自分も悲鳴をあげてゐる

 

を引き出すことも可能ではある。私はこれほど文字列の錯綜があり、原稿草稿もない場合(解題の書き方からはそうした校合可能な何物かがあるようには思われない)、寧ろ、本文では不可解な文字列のママの形を採り、解題で校訂案を提示するのがよいと考えている。一言附しておく。]

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅28 松島 嶋々や千々にくだけて夏の海 | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅29 雲巌寺 »