フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 1 函館にて(Ⅰ) | トップページ | 耳嚢 巻之八 長壽の人其氣質常に異なる事 »

2014/07/18

どゞのつまり   山之口貘

 どゞのつまり

 

みんながそこまで

のがれては来たものゝ

まへは水

うしろが火なのだ

引返すことも出来なければ

飛び込むことも出来なかったのだ

そこでかれらはどゝのつまりを

天に向つて

のがれようとしては

引返すみたいに跳ねかへつたり

天に向つてのがれようとしては

飛び込むみたいに

 落つこちてしまつたのではなからうか

火ぶくれになつて

ころがつてゐえゐる死

水ぶくれになつて

浮いてゐる死。

 

[やぶちゃん注:本詩は思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の松下博文氏の解題の考証によれば未発表である可能性が強いとされ、創作は昭和二七(一九五二)年頃とされている(詳細は当該書を参照されたい)。それによればバクさんは本篇を当初は詩集「鮪に鰯」に収録することを考えていたようである。

 「どゞのつまり」は、通常、「とどのつまり」で、いろいろやってみた結果・結局。畢竟の意で、多くはその最終容態が実行者や観察者にとって思わしくなく比較上では悪い状態である場合に用いる語であるが、小学館「日本国語大辞典」では、名詞「とど」の見出しの連語の「とどのつまり」の小見出しの直下に『「どどのつまり」とも』と注記し、最後の同発音の項に『〈なまり〉ドドノツマー・ドドノツマリ・ドンドノツマリ〔鳥取〕ドドンツマリ〔対馬〕』と注記する。因みに語源は『トドは、魚のボラが幼魚の時から順次名を変える最終の呼び名である』ことによると記す。よく知られるように条鰭綱ボラ目ボラ科ボラ Mugil cephalus は出世魚で、地域差があるが例えば関東方言では成長の順に、

 オボコ→イナッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド

と変化する。詳細は私の電子テクスト寺島良安和漢三才圖會 卷第四十九 魚類 江海有鱗魚の「ぼら なよし 鯔」の私の注を参照されたい。

 戦後の詩であるから、東京大空襲や広島・長崎の原爆被災(特に広島の)を想起させる詩であるが、私には強烈に、俳人富田木歩の死がフラッシュ・バックし(私の評論イコンとしての杖――富田木歩偶感――を是非、参照されたい)、直ちに関東大震災の際の実体験の惨状まで遡ったバクさんの、天災と戦争という人災のカタストロフの、「どゝのつまり」の人間の凄惨な死の様態をつらまえた恐るべきリアルな実感にまで淵源を遡れるもののように思われてならない。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 1 函館にて(Ⅰ) | トップページ | 耳嚢 巻之八 長壽の人其氣質常に異なる事 »