フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第十一章 雌雄の別 三 局部の別 (1) | トップページ | 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「うすら日」(3) けふのうた(全) /「ソライロノハナ」短歌部全電子化終了 »

2014/07/26

今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 47 鶴岡 めづらしや山を出羽の初茄子

本日二〇一四年七月二十六日(陰暦では二〇一四年六月三十日)

   元禄二年六月  十日

はグレゴリオ暦では

  一六八九年七月二十六日

である。この日、芭蕉は遅く午後三時頃に羽黒山を後にし、鶴岡へ夕刻五時頃に着いた。鶴岡では先の図司左吉(露丸。彼はここまで芭蕉らと同道している)の縁者であった庄内藩(鶴岡藩とも呼ぶ)士長山五郎衛門重行(しげゆき)亭に泊まり、その日から三日がかりで本句を発句とする歌仙「めづらしや」の巻が巻かれた。

 

  羽黑山を出(いで)て鶴が岡重行亭

めづらしや山を出羽(いでは)の初茄子(はつなすび)

 

[やぶちゃん注:「初茄子」(呉天編・享保一三(一七二八)年跋)。「曾良俳諧書留」に歌仙が載る。そこでは、

 

  元祿二年六月十日

    七日羽黑に參籠して

めづらしや山を出羽の初茄子    芭蕉

  蟬に車の音添(そふ)る井戸  重行

 

という前書に発句、脇を亭主が付けている(他に曾良と露丸)。

 「山を出羽(いでは)」は、羽黒山をというよりも、山また山の奥羽山脈を越えて遂に日本海側へと下ったといった感慨に「出で端(は)」山家から出てすぐにの意を掛けて、亭主が饗応した膳に盛られた初茄子を詠み込んで謝意の挨拶句とした。加藤楸邨は「芭蕉の山河」(講談社学術文庫一九九三年)で、この茄子は鶴岡近くで産する小粒の珍しい民田(みんでん)茄子と呼ばれるもので『非常にうまい』と記しておられる。山形県農林水産部六次産業推進課の「やまがた伝統野菜」によれば、民田茄子は『皮が堅く、果肉のしまりが良』く、『手のひらに乗るくらいに成長したところで収穫、卵型で果皮が堅く、果肉のしまりが良い。江戸時代、民田地域の八幡神社の社殿を作る際に京都の宮大工が種を持ち込んだと言われている』。『浅漬け、からし漬け、味噌漬け、一夜漬けなど漬物として食べられる』とある。]

« 生物學講話 丘淺次郎 第十一章 雌雄の別 三 局部の別 (1) | トップページ | 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「うすら日」(3) けふのうた(全) /「ソライロノハナ」短歌部全電子化終了 »