フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和十一年(百七十八句) Ⅻ | トップページ | 祝電   山之口貘 »

2014/07/07

最高裁は違憲立法審査権の発動の準備をせよ

集団的自衛権の行使容認から法整備のための各種法の「改正」が行われた場合、最高裁がそれら総てについて違憲立法審査権を発動する義務があると私は考える。それが行われないとすれば、まさに司法の独立さえも烏有に帰すということになるからである。

私が言っているのは「反対」でも「批判」でも「指弾」でもない。小学生でも分かる至って論理的且つ至極まっとうな「当たり前の理屈」として言っているのである。


【9:50追記】憲法と国際法を専攻している教え子から回答を得た。すこぶる納得した。

   《引用開始》

集団的自衛権反対派はよく「9条違反を司法で問え!」と言っているようですが、それは不可能です。

違憲立法審査権は、個人が憲法に規定された自由あるいは権利が具体的に侵害されたという争訟がないと行使できません。

憲法9条は国民に権利を与えるものでも国民の自由を保障する規定でもありません。したがって、国民が憲法9条に依拠して司法的解決を求めることは制度上出来ません。

違憲立法審査権の範囲を拡大すると、実質的に最高裁が国会を飛び越えて法律を改廃することになり、三権分立の大前提を失わせます。

※ただし、憲法13条や19条の射程に入る場合は、司法審査が及びます。

しかし、一般市民が考える「9条違反で」云々は出来ないのです。

   《引用終了》

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和十一年(百七十八句) Ⅻ | トップページ | 祝電   山之口貘 »