フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 飯田蛇笏自選句集 靈芝 表紙 国立国会図書館蔵 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十三章 アイヌ 21 室蘭着 »

2014/07/14

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十三章 アイヌ 20 室蘭へ

M409_2
図―409

 室蘭に着く前の景色は実に目をたのしませた。低い山々、海の入江、長い黄色い浜を持つ室蘭湾は、画の主題としては何よりであろう。図409はこの附近の景色を、ざっと画いたものである。室蘭近くに、面白い形の日本家があった。屋根が並外れて高く、その平な屋梁(むね)には、一面に百合や、鳶尾(いちはつ)や、その他の花が咲いていた。屋根は薄く葺いてあり、軒に近い小屋がけみたいな小屋根には、丸い石がのせてあった【*】。

   *『日本の家庭』四一図を見よ。

[やぶちゃん注:私は室蘭に詳しくなく、また明治一一(一八七八)年当時とは海浜部の形状が異なってしまっているため、古写真や現在の画像及びググールのストリート・ビューを見ても、のこの図409が室蘭のどの位置からどっちを向いてスケッチされたものか分からない。識者の御教授を切に乞うものである。

「鳶尾」原文“iris”。花菖蒲。

「『日本の家庭』四一図」モースの“Japanese homes and their surroundings”から当該図に関わる原文をまず引く。

   Anotlier house shown in fig. 41, was seen on the road to Mororan, in Yezo. Here the smoke-outlet was in the form of a low supplementary structure on the ridge. The ridge itself was flat, and upon it grew a luxuriant mass of lilies. This roof was unusually large and capacious.

Jh41_2    FIG. 14 HOUSE  NEAR  MORORANYEZO

 

また、私の所持する八坂書房一九九一年刊の斎藤正二・藤本周一訳になるモースの「日本人のすまい」から図(上図)及び当該箇所の訳部分のみを本書の叙述と比較対照する用に供するためにも掲げさせて戴く(「Mororan」の右にママ注記があるが省略した)。

   《引用開始》

 四一図に示したいま一つの家は、蝦夷の室蘭Mororan に通じる道路沿いにあったものである。この場合、煙ぬきは、棟の中央部に小さな棟を補助的に重ねたかたちになっている。棟自体は平らになっていて、そこにかなりの数の百合が生えている。この屋根は、大きくて広々とした点では稀に見るものであった。

   《引用終了》]

« 飯田蛇笏自選句集 靈芝 表紙 国立国会図書館蔵 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十三章 アイヌ 21 室蘭着 »