フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十三章 アイヌ 16 アイヌの家屋(Ⅳ) プウ(倉)/臼/チプ(舟) | トップページ | 北條九代記 卷第六  後嵯峨院新帝踐祚 付 能登守秀康誅せらる 承久の乱の終焉――後堀河天皇践祚、藤原秀康及び同弟秀澄、捕縛されて六条河原に梟首となる »

2014/07/10

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十三章 アイヌ 17 白老のカタツムリ / アイヌの人々の不思議な挨拶の仕方

 私がアイヌの写生を沢山した白老で、我々は多くの美しい蝸牛が、藪にくっついているのを見た。一つの種を除いて、他はすべて薄く弱々しかった。淡水貝も同様に薄く、そして陸産見のある物は、殆ど無色であった。土壌に石灰がないので貝殻が薄いのだとされている。白老を出発した朝、我々は容易にアイヌの部落から我々を引き離すことが出来なかった。草や灌木で殆ど隠されていることもある小径を歩き廻り、ここかしこに、最も不規則な方法に配置されたアイヌの小舎を見出すことは、この上もなく興味が深かった。戸口に坐る老人達は、両手を頭へ挙げ、それを徐々に下げて、鬚を撫でるような身振で、我々に挨拶する。もっとも、子供も同じ身振をするから、これが鬚に全然関係のないことは判る。女の挨拶は、単に自分の鼻の横を、人差指でゆっくりこする丈にとどまる。

[やぶちゃん注:「他はすべて薄く弱々しかった」とあるが、先に引いたScorpionfly 氏の「円山原始林ブログ」の「札幌の森のカタツムリ」の札幌の種の四種を見るに、殻が圧倒的に薄いのは有肺目モノアラガイ科オカモノアラガイ Radix auricularia japonica である。場所が異なるし、モースは複数いた種の「すべて」が「薄く弱々しかった」とあるから、これ一種のみとは思われないものの、その幾つかの個体はオカモノアラガイ Radix auricularia japonica であったと私には思われる。但し、モースがその理由を「土壌に石灰がないので貝殻が薄いのだとされている」とするのにはちょっと疑問を感じる。識者の御教授を乞うものである。

「挨拶」この仕草の方法と意義ついては探索し得なかった。男や子供のそれも勿論であるが、特に女性特有の「単に自分の鼻の横を、人差指でゆっくりこする」というのは何か特別な呪術的なものを感じる。識者の御教授を乞うものである。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十三章 アイヌ 16 アイヌの家屋(Ⅳ) プウ(倉)/臼/チプ(舟) | トップページ | 北條九代記 卷第六  後嵯峨院新帝踐祚 付 能登守秀康誅せらる 承久の乱の終焉――後堀河天皇践祚、藤原秀康及び同弟秀澄、捕縛されて六条河原に梟首となる »