フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 寄稿(短歌三十二首)   山之口貘 | トップページ | 橋本多佳子句集「紅絲」 虫たち (Ⅱ) »

2014/07/03

杉田久女句集 248  花衣 ⅩⅥ 門弟をつれて 二句

  門弟をつれて 二句

 

邸内の木の實の宮に歩みつれ

 

木の實降るほとりの宮に君とあり

 

[やぶちゃん注:本句は角川書店昭和四四(一九六九)年刊「杉田久女句集」では『〈昭和四年――昭和十年〉(創作年月未詳)』のパートにあり、同定のヒントもないが、わざわざ「邸内」と言い、その屋敷内に個人的な「宮」(祠)が存在するということになると、私はあの広大な櫓山荘を直ちに想起してしまう。当時の櫓山荘にそうしたお社が存在したかどうかは分からないが、現在の櫓山荘跡の写真を見る限り、「木の實」降るような鬱蒼とした木々の叢の中の社があっても何らおかしくない印象を受ける(寧ろ、幕藩時代の堺鼻、小倉藩の見張番所跡という地形から見ても、海神などを祀るに相応しい所であるように私には思われる)。但し、「門弟をつれて」と前書きしてその門弟の「邸内」というのはやや奇異な印象を受けるものではある。私の誤釈かも知れない。なお、少なくとも二句目の「木の實」は底本の索引から「このみ」ではなく「きのみ」と読んでいることが分かる。]

« 寄稿(短歌三十二首)   山之口貘 | トップページ | 橋本多佳子句集「紅絲」 虫たち (Ⅱ) »