フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 神武寺 | トップページ | 杉田久女句集 246  花衣 ⅩⅣ »

2014/07/01

山原行吟の歌(短歌十三首)   山之口貘

 山原行吟の歌(短歌十三首)

 

獰猛と呼ばれし友は何時となく山村に住みて言葉おとなし。

 

旅にゆく心なつかしあかつちの丘のあいまを途はうねるも。

 

山々はむらさき色に變りゆく夕暮の里はものさびしかな。

 

山國の旅はかなしも吾が心夜更けて宿にものおもひする。

 

酒をのむ部屋のちくらく山村の友は失戀のものがたりする。

 

北海に瀨底の嶋は舟のごと浮かべる背より四方(よも)の潮見ゆ。

 

月冴えて瀨底の嶋のぐるりには海鳴りの音ものさびしかな。

 

さむみゆく瀨底の島の沖あひに伊江島の影は淡く見ゆるも。

 

見にゆかん麗はしの乙女伊江島の燈台守りてあるときゝしを。

 

燈台守りの娘うるはしと噂きく吾等の旅路つかれおぼえず。

 

ゆきあふ人等かへりかへりて吾等が旅路ぼろ馬車はゆく。

 

吾が心慰めるごと今宵この酒をもて來し友に涙す。

 

來て見ればさすが山原は歌の國かへる日を見ず旅重ねゆく。

 

[やぶちゃん注:初出は大正一三(一九二四)年二月十一日附『八重山新報』。標題「山原行吟の歌」でペン・ネームは「山口三路」。言わずもがな乍ら、前年(バクさん二十歳)、関東大震災の被災者特典によって沖繩那覇に帰郷後の、沖繩本島本島北部山原地方を彷徨した折りの詠歌。但し、思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の松下博文氏の解題によれば、バクさんはこの大正十二年十二月には、当時、石垣島の沖繩産業銀行八重山支店支店長の職にあった父重珍のもとに向かっており、歌稿の投稿自体はそれ以降(恐らくは大正十三年に入ってから)のものと推定されている。旧全集年譜は文芸活動以外のこうした具体的事実記載が記していない代わりに、同年の条には『山城正忠(明星派歌人)主唱の琉球歌人連盟』に入り、『上里春生らとともに幹事となる。中山一の提案で泊汐渡橋』(こういう橋は現在の那覇にはない。思うにこれは那覇市の西の泊港の湾奧にある潮渡橋(しおわたりはし)のことと思われる。泊高橋(とまりたかはし)というのが直近にあるが、この「泊汐渡橋」は港の名を冠したものであろう)『附近に民家を借りて事務所とし、貝かに洗濯屋を開業してそこに起居する。地方にいる歌人とも交流する一方、丹青協会や二葉会』(恐らくは孰れも当時の沖繩県内の美術会派と思われる)『に静物や自画像などのリアルな作品を出品したりするが、間もなく琉球歌人連盟は自然消滅、二度目の恋愛にも破れ、るんぺんのような生活を始める』(「るんぺん」はママ)という記載がある。

「瀨底の嶋」瀬底島(せそこじま)。現在の沖縄県国頭郡本部町に属し、本部(もとぶ)半島の西方沖約六百メートルの東シナ海上にある。島全域は本部町の大字である「瀬底」に属す。沖繩方言で「瀬底」は「しーく」また「しすく」と呼ばれる(以上はウィキ瀬底島に拠る。その他の地名は私には分かるので注を施さない。悪しからず)。

「ゆきあふ人等」の「かへりかへり」後半は底本では踊り字「〱」。

「酒をのむ」「部屋のちくらく」の「のち」は「部屋の内・中」で、格助詞「の」に名詞「内(うち)」の付いた「のうち」の音変化した万葉以来の古語の連語「ぬち」の転訛したものと思われる。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 神武寺 | トップページ | 杉田久女句集 246  花衣 ⅩⅣ »