フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 7 東北スケッチⅠ | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 9 東北スケッチⅢ 436年前の日本でモース先生が無人販売所にびっくらこいた事 »

2014/07/30

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 8 東北スケッチⅡ 明治11年当時の東北の正真正銘の電信柱

M432

図―432

 

 道路に添うて政府は、日本の全長にわたるべく電信を敷いている。この仕事を徹底的に行うやり方は、興味が深かった。電柱になる木は、地上、一、二フィートの場所で伐らず、根に近く伐るので、底部は非常に広く、そしてこの部分は長持ちさせる為に火で焦す。この広い底部は大地に入って、しつかりと電柱を立て支える。柱の頂点には、雨を流し散らす為に角錐形の樫の木片を取りつける(図432)。

[やぶちゃん注:「電柱になる木は、地上、一、二フィートの場所で伐らず、根に近く伐るので、底部は非常に広く、そしてこの部分は長持ちさせる為に火で焦す。この広い底部は大地に入って、しつかりと電柱を立て支える。」ちょっと意味をとりにくい。原文は“The trees to make the poles, instead of being cut a foot or two above the ground, were cut close to the roots, so that the base was very wide, and this part was charred to preserve it. This wide base gives it a much firmer hold in the ground.”で、これは通常ならば、電柱に用いる木は上下の太さが大きく異ならないように、根元から「一、二フィート」(約三十一~六十一センチメートル)の箇所を伐ってそこから上を用材とするところだが、そうせずに、有意に幅の広い根元近くから木を伐って使用している(だから埋設する部分が上部より有意に幅広で安定感が生ずる、ということを言っているもののように私には受け取れる。老婆心乍ら、この図は地下に埋設されている部分を含めて描かれた透視図である。左右に電線のように出ている(実は私は当初、こんな低い位置に電線を張るのか! とビビった)のは地面であって、これには電信線は描かれていない。個人ブログ「ふるさとの礎 なかしべつ伝成館」の丸太の電信柱さがしで北海道根室管内標津郡中標津町に現存するこのスケッチに近い丸太の電柱を見ることが出来る。必見。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 7 東北スケッチⅠ | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 9 東北スケッチⅢ 436年前の日本でモース先生が無人販売所にびっくらこいた事 »