フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「紅絲」 童女抄 Ⅱ | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十三章 アイヌ 11 苫小牧の魚見台と船の巻き揚げ機 »

2014/07/07

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十三章 アイヌ 10 和船

M378_379


図―378[やぶちゃん注:上図。]

図―379[やぶちゃん注:下図。]

M380

図―380 

 海岸には戎克(ジャンク)の型をとって造った、長さ二十五フィートの日本の漁船が一艇あった。生地そのままの木材は、清潔なことこの上なく、舳と船尾とに黒色の装飾的意匠がすこしついている。この型の船の奇妙な特徴は、船尾にある舵のための大きな空所で、これは日本の戎克すべてに共通な特異点である。前にもいったが、櫂架(かいかけ)はなく、単に短い繩の環が舷から下り、これに捧をさし通す。舳(へさき)のすぐ内側には、鉋屑を束にしたものが下っている。これは危険を避け、或は好運を保証する効果を持つと考えられる物であるが、恐らくアイヌの鉋屑の「神棒」から来たのであろう。神道の御幣は「神棒」から出来たものとされている。この舟はまるで荷物細工みたいに出来ていた。合目(あわせめ)は実に完全で、私が注意深く写生せざるを得ぬ程清潔で奇麗であった。図378は船尾から舟を見た所、図379は横から船尾を見た所、図380は舳である。舟には大きな捕魚網が積まれ、潮が満ちて来て浮き上るのを待っている。

[やぶちゃん注:「二十五フィート」七・六二メートル。

「櫂架」底本では「櫂」が「擢」であるが、この字には「櫂」の意味はない。誤植と断じて、訂した。

「鉋屑を束にしたもの」削り掛け。ヤナギやニワトコなど白い木の肌を薄く細長く削り垂らしたもの。紙が普及する以前は御幣として広く用いられた。

『アイヌの鉋屑の「神棒」』既注のイナウ。イナウは北方民族に広く見られる神器(供物)と思われ、私は黒沢明の「デルス・ウザーラ」で先住民ゴリド(現ロシア名:ナナイ)族の猟師デルス・ウザーラが全くそっくりなものを創るのを見て思わず膝を打ったものだった。]

« 橋本多佳子句集「紅絲」 童女抄 Ⅱ | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十三章 アイヌ 11 苫小牧の魚見台と船の巻き揚げ機 »