フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「紅絲」 虫たち (Ⅰ) | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 34 尾花沢 Ⅰ 涼しさを我宿にしてねまる也 »

2014/07/02

萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(24) 酒場の一隅より(Ⅳ)

 

わが隱袋(かくし)かの色文とピストルと

爭ひつゝも七日共棲む

 

[やぶちゃん注:「隱袋」は原本は「隱衣」。誤字と断じて、校訂本文と同じく「隱袋」とした。]

 

きちがひになりたくなりて爪屑を

火鉢にくべて見て居たるかな

 

[やぶちゃん注:爪を焼く香りは火葬場の臭いとはよくいう(当然である)が、個人サイト「鰹乃國の万談義」のこちらの「おぢやん おばやんの言い伝え」の記事の中に土佐では「爪を燃やすと貧乏になる」「爪を燃やすと気がふれる」ともいうらしい。]

 

わがために二二ンが五たるそのことの

ある日を思ひ生くる愚かさ

 

[やぶちゃん注:「思ひ生くる愚かさ」は原本は「思ひ生ぐる禺かさ」。孰れも誤字と断じて校訂本文を採った。]

 

横町のぼんくら安も人竝み

我を説かんと日をおきて來る

 

我が髮をわれとむしれる習慣(なはらし)の

久しくなれば櫛も通らず

 

[やぶちゃん注:私ことながら、この一首、タイプしながら、私が小学校三年生の頃、一時、眉毛を引き毟る神経症的な癖が起こり、遂に右眉が半分位なくなってしまい、母が眉描きで描いて呉れたのを思い出した。]

 

EGOIST われも酒場によこたはり

將棊に負けしことを悲しむ

 

[やぶちゃん注:「將棊」の「棊」は「棋」の異体字。]

 

 新思想と國體

新しき此の國の人犬のごと

口籠(くちご)せられて生くるはかなさ

 

わが酒場かの黨員と日毎きて

カルタきるより樂しきはなし

 

[やぶちゃん注:いつもと同じく、最後の一首の次行に、前の「樂しきはなし」の「樂」の左位置から下方に向って、最後に以前に示した黒い二個の四角と長方形の特殊なバーが配されて、「酒場の一隅より」歌群の終了を示している。]

« 橋本多佳子句集「紅絲」 虫たち (Ⅰ) | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 34 尾花沢 Ⅰ 涼しさを我宿にしてねまる也 »