フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和十一年(百七十八句) ⅩⅤ 「靈芝」全句 了 | トップページ | 沖縄島   山之口貘 »

2014/07/11

駅へ出る途   山之口貘

 

 駅へ出る途

蜘蛛の巣のうるさい土地なのだ

それで義兄が裏の竹藪から

一本の竹を切り出してくれたのだ

竹はすてっきになって

すてっきはぼくといっしょに

汽車にのるまでの一里の途を歩くのだ

ぼくは途々すてっきを振り廻しながら

めのまへの蜘蛛の巣を払って歩くのだ

かうして毎日の往き復りを

ぼくは竹のすてっきを振り廻して

東京の役所に通ってゐるのだ

ある日その竹のすてっきを

東京に置き忘れて帰って来た

女房に云はれて見てみると

そこに脱ぎ捨てたばかりの鐡兜に

煤色の蜘蛛が一匹

疣みたいにしがみついてゐるのだ。 

 

[やぶちゃん注:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」で初めて公になった詩篇。初出は不明(未発表か)。底本の松下博文氏の解題によれば、昭和二二(一九四七)年六~七月の創作作品と推定されている(根拠の詳細は当該書を参照されたい)、詩集「鮪に鰯」の編纂用原稿の束の中にある原稿から起こされた一篇である。同詩集への収録を予定していた一篇であった可能性があるが、実際には採用されていない。松下氏は『定稿に近いと思われる』とあるので決定稿ではない草稿ではある。これ以降についての漢字表記は底本の「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の通り、新字体とすることとする。理由はこの現存する戦後二番目の未収録詩篇である本詩が新字体で刊行された「鮪に鰯」の準備稿の一篇として選ばれていた可能性が高いからである。ただ、本詩の作品内時間は、明らかに妻静江さんの実家に戦中から戦後にかけて疎開していた(昭和一九(一九四四)年十二月から昭和二十三年七月迄)時期のもので、私は「鉄兜」から敗戦前の戦中のシチュエーションと読むことから、旧字表記も考えたことはここで述べておきたい)。]

« 飯田蛇笏 靈芝 昭和十一年(百七十八句) ⅩⅤ 「靈芝」全句 了 | トップページ | 沖縄島   山之口貘 »