フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ウォン ウィンツァンさん来たる | トップページ | キカンシャ   山之口貘 »

2014/07/10

オホゾラノ ハナ   山之口貘

 オホゾラノ ハナ

 

フンワリ

フウワリ

トビオリタ

ビックリ スルナヨ

ワルイ クニドモ

ボクラハ

オホゾラニ サキホコル

ニッポンテイコクノ

オホキナ

ハナ ダ

 

[やぶちゃん注:初出は昭和一八(一九四三)年九月号『コドモノヒカリ (9月20日航空日特輯)』で、前の「アカイ マルイ シルシ」とともにそれぞれ別な子供の絵とともに二篇掲載された。七歳の少年(底本とした思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の解題には姓名が掲載されているが、個人情報として問題があると思われるので載せない)絵(恐らくは落下傘部隊の)が添えられてあるらしい。旧全集との異同はない。前の「アカイ マルイ シルシ」とともに、バクさんの、現在知られるカタカナ表記の最も古い児童詩の一つであると同時に既刊詩集未収録詩篇中、最後の戦中の発表作でもある。

 両者が典型的な戦意高揚詩(それも少年向けという点で言い逃れの出来ない確信犯のそれ)であることは言を俟たない。但し、私はそれを以ってバクさんを批難する気は毛頭ない(しかし、先の「希望」で掲載誌に書き入れを残していたバクさんにとっては、この二つの紛う方なき戦争協力詩が自身の死後の全詩集に載ることは予期していなかったであろう。恐らくは旧全集が「児童詩」と称して第一巻の全詩集ではなく、第四巻の評論に所収したのにはそのような配慮が働いたからではなかろうか?)。私の『反戦詩』『反戦詩人』という語彙(というよりも戦後の評論家のレッテル)に対する違和感は既にバクさんの応召の詩の注で述べたので参照されたい。なお、この詩を読むと即座に思い出すのは、バクさんの盟友金子光晴の『反戦詩』として名高い落下傘」であろう(昭和一三(一九三八)年六月『中央公論』に発表。リンク先は「詩の出版社ミッドナイトエクスプレス」のアーカイブ同篇全詩が読める)。「落下傘」は確かにいい詩である。しかし私はこの詩に『反戦詩』の名号を奉って香を炷(た)く気には今も昔もさらさらないのである。]

« ウォン ウィンツァンさん来たる | トップページ | キカンシャ   山之口貘 »