フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 5 二戸辺り | トップページ | でんしやごつこ   山之口貘 »

2014/07/29

桜並木   山之口貘

 桜並木

 

むかしからあまりに

有名な花だ

ぼくといえどもその花が

桜の花だとは知つているのだが

バラ科の木だとは

ついぞ知らなかつたのだ

いいかいよくおぼえておきな

かれはそう言いながら

桜並木の花を仰いだ

 

[やぶちゃん注:初出は昭和三二(一九五七)年四月号『中学生の友 3年』。

 桜は被子植物門双子葉植物綱バラ亜綱バラ目バラ科サクラ亜科サクラ属サクラ亜属 subg. Cerasus のサクラ節 sect. Cargentiella・ミザクラ節 sect. Cerasus・ミヤマザクラ節 sect. Phyllomahaleb・ロボペタルム節 sect. Lobopetalum に属する落葉広葉樹の総称である。参照したウィキの「サクラ」によれば、『園芸品種が多く、花弁の数や色、花のつけかたなどを改良しようと』『多くの園芸品種が作られた。日本では固有種・交配種を含め600種以上の品種が確認されて』おり、『とくに江戸末期に出現したソメイヨシノ(染井吉野)』(subg. Cerasus 若しくはサクラ属 Cerasus 品種ソメイヨシノ Cerasus × yedoensis (Matsum.) A.V.Vassil. ‘Somei-yoshino’)『は、明治以降、日本全国各地に広まり、サクラの中で最も多く植えられた品種となった』。『サクラ属 Prunus は約400種からなるが、主に果実の特徴から5から7の亜属に分類される。サクラ亜属 subg. Cerasus はその1つである。これらの亜属を属とする説もあり、その場合、サクラ亜属はサクラ属 Cerasus となる』。『サクラ亜属は節に分かれ、それらは非公式な8群に分かれる』(但し、最後の部分には要出典要請がかけられてある)とある。因みに、よく授業で言ったが、世界中のソメイヨシノは総てがたった一本の木の同一体、クローンである。種子で増殖させても親の形質を必ずしも継承しないため、総ては挿し木か接ぎ木で増やすからである。造り出した人間の手が入らないと生存出来ない品種であるところも如何にもクローンらしいとは言えるのである。「クローンは桜に限る」――]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 5 二戸辺り | トップページ | でんしやごつこ   山之口貘 »