フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 258 花衣 ⅩⅩⅥ 和布刈の鼻枕潮閣にて 二句 | トップページ | まつかさ 山之口貘 »

2014/07/26

橋本多佳子句集「紅絲」 忌月

 忌月

 

[やぶちゃん注:これは「九月」と三句目にあることから、亡き夫豊次郎(昭和一二(一九三七)年九月三十日逝去。享年五十歳)の忌月である。句の順列から考えると、この句は昭和二五(一九五〇)年の作と私は推定するが、とすれば十四回忌、節目となる十三回忌の翌年なればこそのある淋しさが「忌月」という標題に現われているように思われる。]

 

忌日眼に見ゆるちかさに青野分

 

忌日ある九月に入りぬ蝶燕

 

麻衾暁の手足を裹み余さず

 

[やぶちゃん注:「麻衾」は「あさぶすま」で麻布で作った粗末な夜具のこと。これは実際に粗末なのではなく(残暑も残るから薄いものではあったであろう)、多佳子の孤独感の表象である。]

 

くらがりに傷つき匂ふかりんの実

 

蟬声や吾を睡らし吾を急(せ)き

 

日の中にゐて露冷えに迫らるゝ

 

曼珠沙華咲けば悲願の如く折る

 

曼珠沙華からむ蘂より指をぬく

 

昏くして雨ふりかゝる曼珠沙華

 

瀬を流るゝとき曼珠沙華のもつれとけず

 

[やぶちゃん注:参考までに。単子葉植物綱クサスギカズラ目ヒガンバナ科ヒガンバナ亜科ヒガンバナ連ヒガンバナ Lycoris radiata (別名の「マンジュシャゲ」又は「マンジュシャカ」はサンスクリット語“manjusaka”の音写。仏典に載る天界に咲ていて瑞兆を示すために天から降ってくる赤い花を指す。属名“Lycoris”はギリシャ神話に登場する海のニンフ(ネレイス或いはネレイドと呼ばれる)の一人、金髪の “Lycorias”(リコリアス)に由来するものと思われる)。種小名“radiata”は「放射状」の意である。ここまでは主にウィキヒガンバナその他のネット情報に拠った)の花言葉は「情熱」「独立」「再会」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」……「悲しい思い出」……そして「あきらめ」である……]

« 杉田久女句集 258 花衣 ⅩⅩⅥ 和布刈の鼻枕潮閣にて 二句 | トップページ | まつかさ 山之口貘 »