フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 40 新庄 風の香も南に近し最上川 | トップページ | どゞのつまり   山之口貘 »

2014/07/18

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 1 函館にて(Ⅰ)

 第十四章 函館及び東京への帰還
M422
図―422
 函館へ帰ってから数回、津軽海峡へ曳網旅行に出かけた。一度は素略しい弁当、バスのエール、その他いろいろなうまい物を持って、一日がかりで出かけた。ある地点で高嶺と私とは、六マイルばかり離れた海角にある古代の貝墟を、歩て見に行く為に上陸した。我々は遠か向うに我々の小さな蒸気船を見ることが出来たが、目的の海角に着かぬ前に疾風が起り、我々が腕の痛くなる程ハンカチーフを振ったにも拘らず、彼等は我々を見出すことが出来なかった。我々は船が我々を十五マイルの遠方に残して函館へ向うのを、空しく見送らねばならぬ、悲惨な状態に陥った。小さな漁村で、我々は船の上にある御馳走のことを考えながら、一塊の水っぽい魚の羹(あつもの)と、貧弱な米の飯とを食った。ここで土着の鞍をつけた駄馬を二頭やとったが、実に我慢出来ぬ鞍なので、時々下りて歩き、夜に入ってから疲れ切って、びっこを引き引き、函館へ着いた。途中、例の噴火山が非常に立派に見えたが、その輪郭は函館から見るのとまったく違う。噴火口の形は明瞭に見わけられ、斜面は淡褐色で、美しく日に輝いていた。図422はその外見を、簡単に写生したものである。
[やぶちゃん注:「バスのエール」原文は“Bass's ale”。底本では直下に石川氏の『〔一種の麦酒〕』と割注する。これは“BASS PALE ALE”(バス・ペール・エール)でイギリスのバス社製のエール、上面発酵のビール。ウィリアム・バス(William Bass) が英国中部で創業した古参のビール会社である。グルメ情報サイトの『明治時代の日本にも輸出されていた「バス」』によれば、ナポレオン・エドガー・アラン・ポーが愛飲、かのタイタニック号の処女航海には五百ケースのバス・ペール・エールが積み込まれていたとあり、『明治時代にバス・ペール・エールを輸入していたという記録が残ってい』るとある。
「六マイル」約九・七キロメートル。
「海角」原文は“point”。岬。突端。
「十五マイル」約二十四キロメートル強。
「例の噴火山」有珠山。識者ならば以上の距離と山容(現在とは異なるが)から見て、モースと高嶺が置き去りされた場所がある程度、特定出来ると思われる。よろしく御教授をお願い申し上げる。]

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 40 新庄 風の香も南に近し最上川 | トップページ | どゞのつまり   山之口貘 »