フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「紅絲」 童女抄 Ⅰ | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 昭和十一年(百七十八句) Ⅻ »

2014/07/06

萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(25) あさくさ 

 あさくさ

 

     暖秋小春日の午後

     淺草公園の雜鬧を歩く時

     ほど心たのしきものはあらぢ

やるせなき心抱きて淺草に

來れる我も玉乘りを見る

 

[やぶちゃん注:前書の「あらぢ」はママ。前書中の「雜鬧」は「ざつたふ(ざっとう)」と読み、「雑踏」「雑沓」に同じい。「鬧」は本来は音は「ダウ(ドウ)」で騒ぐ・騒がしくする・騒がしい・賑やかという意である。]

 

南無大悲大慈大悲の觀世音

わが思ふこととゞかせ給へ

 

何時までも觀音堂の廻廊に

柳散るを眺めて居たりき

 

かの巡査いつも立ちて居り境内の

手洗鉢(みたらし)の屋根の柳散るころ

 

柳散る觀音堂のきざはしに

不門品(ふもんぼん)を誦して居たる男よ

 

[やぶちゃん注:「不門品」のルビは原本では「ふもんぽん」。誤字と断じて訂した。無論、校訂本文もそう訂する。]

 

淺草の十二いろはの三階の

色硝子より見たる町の灯

 

われ母の影にかくれて餌をやりし

その鳩を思ひ淺草に行く

 

やる瀨なき心抱きて淺草に

來れる我も玉乘りを見る

 

[やぶちゃん注:ママ。本歌群「あさくさ」の冒頭の一首の重出。]

 

あはれかの淺草の人と物音の

中を歩くも心痛めり

 

公園のベンチに來りモスリンの

灯の見ゆるまで座りて居たりき

 

[やぶちゃん注:「モスリン」(英語:muslin)は綿や羊毛などの単糸で平織りした薄地の織物。ウィキの「モスリン」によれば『日本では、モスリンは薄手の平織り羊毛生地を指すのが普通で、綿生地を綿モスリン、羊毛生地を本モスリンと呼んで区別することがある』。『別名、メリンス(スペイン語に由来)、唐縮緬(とうちりめん)』。『絹のモスリンはシフォンと呼ばれる』。『薄地で柔らかくあたたかいウール衣料素材で、日本では戦前の普段着の着物、冬物の襦袢、半纏の表、軍服(夏服・夏衣)などに用いられていたが、近年では東北地方北海道の一部以外ではほとんど流通しておらず、目にする機会は少なくなっている』とある。ここは最後が直接体験過去の「き」であるから、「モスリン」を着た人物の換喩であるが、これは朔太郎自身であろう。なお、校訂本文は「座」を「坐」と訂する。]

 

一人にて酒をのみ居れる憐れなる

となりの男なにを思ふらん

              (神谷バアにて)

 

淺草の活動寫眞の人ごみの

中にまぢりて一人かなしむ

 

はらからもわが淺草に行くことの

深きこゝろを知らぬかなしさ

« 橋本多佳子句集「紅絲」 童女抄 Ⅰ | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 昭和十一年(百七十八句) Ⅻ »