フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之十四 水蟲 介類 西施舌 | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 介類 鹽吹貝 »

2014/07/19

大和本草卷之十四 水蟲 介類 白貝

【和品】

白貝 形扁淡白色味不佳

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

白貝〔(しろがひ)〕 形、扁く、淡白色。味、佳からず。

[やぶちゃん注:斧足綱マルスダレガイ目ニッコウガイ科サラガイ Megangulus venulosa

白貝とも呼ぶ。殻は大きく長円形を成す。殻質は重厚で扁平、後端に添って走る褶曲部分は僅かに右に曲がる。殻表面前半には輪脈が著しくあるものの後半では弱くなり、全体は白色又は淡褐色を呈し、斑紋を持たず、内側は多く橙黄色を示す。蝶番部には二つ主歯を持ち側歯は小さいものの、靭帯が長大で歯丘はかなり発達する。本州東北部以北の潮下帯の河川の流入の少ない砂泥中に棲息する(データは主に保育社吉良版に拠る)。

「味、佳からず」食用貝類のそれぞれの強い個性的な味や肉の厚さといった観点では確かに引けをとるものの、癖がなく甘みもある貝で、ある意味で洗練されたもので、貝の磯臭さが嫌いな人でも安心して口に入れられる点でもっと食されてよい食材であると私は思う。]

« 大和本草卷之十四 水蟲 介類 西施舌 | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 介類 鹽吹貝 »