フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「紅絲」 忌月Ⅱ 仏足に一本の曼珠沙華を横たふ | トップページ | 耳嚢 巻之八 桑の都西行歌の事 »

2014/07/29

飯田蛇笏 山響集 昭和十二(一九三七)年 夏

〈昭和十二年・夏〉

 

楡がくり初夏の厨房朝燒けす

 

アカシヤに衷甸(ばしや)驅る初夏の港路

 

はしり出て藻を刈る雨に鳴く鵜かな

 

虹に啼きき雲にうつろひ夏雲雀

 

槻の南風飛燕の十字かたむけり

 

[やぶちゃん注:「槻」欅(けやき)。上句は「つきのはえ」と訓じていよう。この句、個人的に好きである。]

 

朝日夙く麓家の桐花闌けぬ

 

[やぶちゃん注:「あさひとく/ふもとやのきり/はなたけぬ」と訓ずるか。]

 

はつ蟬に忌中の泉汲みにけり

 

褸(る)のごとく女人のこゑや蚊ふすべす

 

軍雞乳(つる)み蕗の絮とびて夕映えぬ

 

[やぶちゃん注:「軍雞」は「しやも(しゃも)」、「絮」は「じよ(じょ)」でフキの花の綿毛様の種子のこと。]

 

ほとびては山草を這ふ梅雨の雲

 

梅雨風に楡がくれゆく戎克かな

 

[やぶちゃん注:「戎克」じゃ「ジヤンク(ジャンク)」“junk”(元来はジャワ語で船の意)。中国の沿岸や河川などで用いられている伝統的な木造帆船の総称。多数の水密隔壁により船内が縦横に仕切られ、角形の船首と蛇腹式の帆を持つ。この光景は一体どこでの嘱目吟であろうか? それとも想像吟か?]

 

   反古燒却、ひそかに生靈もろもろの供養をとて 二句

 

茂山に反古の煙たつ供養かな

 

奥嶺より郭公啼きて反古供養

 

[やぶちゃん注:前書「もろもろ」の後半は底本では踊り字「〱」。]

« 橋本多佳子句集「紅絲」 忌月Ⅱ 仏足に一本の曼珠沙華を横たふ | トップページ | 耳嚢 巻之八 桑の都西行歌の事 »