フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 名産 / 逗子の部~終了 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より金澤の部 金澤案内 »

2014/08/04

今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 52 酒田 あつみ山や吹浦かけて夕すゞみ

本日二〇一四年八月 四日(陰暦では二〇一四年七月九日)

   元禄二年六月十九日

はグレゴリオ暦では

  一六八九年八月 四日

である。この前日に芭蕉一行は象潟から酒田の医師伊藤玄順(号淵庵不玉)方へ戻った。

 

あつみ山や吹浦(ふくうら)かけて夕すゞみ

 

あつみ山吹浦かけて夕すゞみ

 

[やぶちゃん注:第一句目は「奥の細道」の句形。但し、そこでは酒田到着最初の発句のように記されてある。「曾良俳諧書留」には、

 

  出羽酒田伊藤玄順亭にて

 

と前書した不玉と曾良との三吟歌仙「あつみ山や」の巻が載る。脇は不玉が付けて、

 

温海山や吹浦かけて夕すゞみ   翁

  みるかる磯にたゝむ帆筵  不玉

 

としている。「継尾集」では

 

  江上之晩望

 

と前書する。「出羽 俳諧袖の浦」(淇水編・明和二(一七六五)年自跋)には、

 

  袖之浦江上納涼

 

とあって、本句が酒田湊に船を浮かべての夕涼みの広角の景であることが分かる。因みに「梟日記」(支考編・元禄十一年奥書)では、本句について、

 

此句は吹浦の二字うれしければかく申され侍しを、此ごろなにがしが集には、福浦かけてと出し侍り。是俳諧をしらぬのみにあらず。先師をあやまるにちかし。

 

と漢字一字の誤りを激しく批難しているが、この『なにがしの集』とは「鳥之道集」(玄梅編・元禄一〇(一六九七)年序)である。蕉門随一の論客と言われた支考は実は芭蕉から信頼されておらず、対するこの玄梅は芭蕉の絶大な信頼を受けていた去来に近かった人物ではなかったかと思われている。

「温海山」(あつみやま)は現在の温海岳(標高七三六メートル)。酒田の港からは南南西約三九キロメートル(この後の六月二十六日にはこの山麓の海沿いの町である温海に芭蕉は宿泊している)のところに位置し、一方の「福浦」は北北東一〇キロメートルのところにある砂浜海岸の漁村(こちらはこの前の六月十五日に象潟に向かう途中で一泊した場所である)。地図上から考えると全景を広角で見渡せたと言うのは少し疑問で、ここは既に宿泊予定地としていた温海という地名に「暑(あつ)」さを掛け、吹浦には実景たる夕べの納涼の酒田湊の浦を吹く風を掛け、それらを合わせて縁語とした、大観に寛ぎの気分を詠んだものではある。支考が大上段に嚙みつくほどの句ではない。芭蕉も草葉の蔭で笑っておられよう。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 名産 / 逗子の部~終了 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より金澤の部 金澤案内 »