フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 残虐なのはイルカ漁じゃない! 普天間だよ! | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より金澤の部 瀨戸幷に瀨戸橋〔照手天姫松〕 »

2014/08/20

今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 58 越後路 文月や六日も常の夜には似ず

本日二〇一四年八月二十日(陰暦では二〇一四年七月二十五日)

   元禄二年七月 六日

はグレゴリオ暦では

  一六八九年八月二十日

である。この日、芭蕉は今町(現在の直江津)に到着、また弥三郎の紹介状を見せて当時の住職が眠鷗という俳人でもあった聴信寺という寺を訪ねたが、忌中につき宿泊を断られた。それを聴いた檀家の石井善次郎なる人物が呼び止めた。「曾良随行日記」には『○六日 雨晴。鉢崎ヲ晝時、黑井ヨリスグニ濱ヲ通テ、今町ヘ渡ス。聽信寺ヘ彌三狀屆。忌中ノ由ニテ強テ不ㇾ止、出。石井善次良聞テ人ヲ走ス。不ㇾ帰。 及再三、折節雨降ル故、幸ト歸ル。宿、古川市左衞門方ヲ云付ル。夜ニ至テ、各來ル。發句有』とあるように、まさに前日五日の柏崎の天屋(あまのや)の一軒のフラッシュ・バックであった。本句はその日の連句の発句であった。

 

  直江津にて

文月(ふみづき)や六日(むいか)も常の夜には似ず

 

文月の六日も常の夜には似ず

 

文月や六日も常の夜には似ぬ

 

[やぶちゃん注:第一句目は「曾良俳諧書留」の句形。「其袋」(嵐雪編・元禄三年自序)には、

 

  此國何トヤラいふ崎にとまりて、所の夷もおし入て、句をのぞみけるに

 

というやや穏やかでない(と私は思う)前書を附す。

 第二句目は「泊船集」の、第三句目へ「俳諧 柏原集」(かしわばらしゅう・江水編・元禄四年自序)句形。

 脇は石塚喜左衛門左栗なる人物(土地の有力な俳人か。亭主ではない)が、

 

文月や六日も常の夜には似ず  はせを

  露をのせたる桐の一葉    左栗

 

と脇を付けており、しかもこの連句には芭蕉の宿泊を断った眠鷗も参加している。ところがこの連句(おそらくは歌仙)、二十句で未完に終わっている。

――明日は牽牛織女の出逢う七夕という今日六日……夜空も祭前夜の町内もそうしてここにこうしている我らの心も……常には似ず何か艶めいた空気の中にいることだ――

というのであろう。

 「奥の細道」の越後路の段を示す。

   *

酒田の余波(ナコリ)日を重て北陸道の

雲に望遙々のおもひ胸をいた

ましめて加賀の苻まて百三十

里と聞鼠の關をこゆれは

越後の地に歩行を改て越中

の國一ふりの關に至る此間九日

暑濕の勞に神をなやまし病おこりて

事をしるさす

  文月や六日も常の夜には似ず

  荒海や佐渡によこたふ天河

   *

■やぶちゃんの呟き

「百三十里」約五百十一キロメートル弱。これは酒田からの距離であろう。但し、酒田から長めに推定計測しても加賀金沢までの距離は実際には四百五十キロメートルは越えるものの、五百は越えないようだ。

「此間九日」酒田の次の大山着が六月二十五日(グレゴリオ暦八月十日)で市振着は七月十二日(グレゴリオ暦八月二十六日)で実際には鼠が関越(現在の山形県の新潟県境に在る)が六月二十七日だから、北陸路の日数と限定しても、事実は十四日である。諸本がこの大きな齟齬を問題にし続けているが、頴原・尾形注は『俗に「越後路九日、越中路三日」という』と注する。しかし安東はこれについて、そういう俗諺があるというが、『当時既にそういう云方があったかどうか分からない』と留保する。私は寧ろ、ここを実際より短く言ったことと、この「荒海や」の作中第一とも目される名句を配しながらその通称、越後路と呼ぶ章段が如何にもそっけなく短いことと無関係ではないと感じる。見てきたように、実は象潟のしっとりとした感動を含む酒田の愉しい思い出以降、この越後路では急転直下、腸の煮えくり返る意想外の乞食俳諧師扱いを受けることになった。それはある意味、思い出したくない部類の出来事であった。さすれば、完成した「奥の細道」では「暑濕(しよしつ)の勞(らう)に神(しん)をなやまし病(やまひ)おこりて事をしるさず」と圧縮・省略・割愛したのではなかったか? その忌避意識が自ずと時制をも短縮させたのではあるまいか?

 そうして、そうした眇めでこの句を見ると「常」「には似ず」とするのは、何やらん、妖しい雰囲気とも読め、暗に不当なあしらいを受けた連中(前に述べた通り、その場には宿泊を拒んだ当の住職もいるのである!)への皮肉にもとれるのである。ここまでは大方の御批判を俟つものではある。

 いや、この日数の齟齬はよく見ると、私には齟齬でもなんでもない、正しいものに見えてくるのである!

 この段には「奥の細道」では数少ない、特定日を限定出来る日附が極めて例外的にある。それが本句の七月六日なのである。そうしてそれは次の「荒海や」の句がその翌日の七夕の句であると読めるように出来ている。とすれば、あくまで作品内の仮想事実(この場合、市振に着いた実際の日附が七月十二日であったことは実は全く意味をなさない。そもそも市振の段は日付の特定は出来ないのである)として、この句が七月六日の夜にようよう疲労や病いから解放されて、のびのびと創った句であるというのであれば、その直前までの文章は、一気に体調が回復するのは逆に不自然だから、少なくともその前日の七月五日か四日ぐらいに措定出来よう。そうするとそこから九日前というのは、先に示した実際の大山着である六月二十五日や鼠が関越の六月二十七日に限りなく一致するからである。「曾良随行日記」が発見されてこの方、多くの研究者はその実際的事実と「奥の細道」との齟齬とそれに基づく虚構の暴露に躍起となった余り、創作物としての「奥の細道」内の時間の中に身を穏やかに委ねるということに対して哀しいことに免疫を失ってしまったのだと私は思うのである。

 

 基。翻って、寧ろ、以上述べたような生臭い現実を完全に払拭して、七月六日の日附を持つこの一見凡庸にしか見えぬ句とそれに続く名吟「荒海や」を虚心に眺めたならば、この句がまさにこの操作によって創作順を崩して「荒海や」の前に持ってこられているという事実が、この二句を以ってもっと連句的な付け合いとして読み解くことを別に可能とする。

 即ち、本句が年に一度の彦星と織姫星を結ぶ妖しい艶なる天の川を引き出すならば、ここは一つ、荒海の彼方に妖しく蹲る悲劇の流人島とそこで流人らが恋い焦がれた本土との間に、一句の天の川を掛けてやろう、というのが「荒海や」をそこに配した芭蕉の感懐であったのである。

 「荒海や佐渡に横たふ天の川」が名句中の名句である所以は、その字背にある歴史の中の心傷(トラウマ)としての流人島に纏わる非常に深く痛いノスタルジアに基づくものなのだと私は今、感ずるのである。]

« 残虐なのはイルカ漁じゃない! 普天間だよ! | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より金澤の部 瀨戸幷に瀨戸橋〔照手天姫松〕 »