フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« お金の種類   山之口貘 | トップページ | (無題)   山之口貘――小山コーヒー寮店小山志づ追悼詩―― »

2014/08/01

龍舌蘭   山之口貘

 龍舌蘭

 

熱帯うまれの

龍舌蘭が

植物園の温室に泊ってゐた

龍舌蘭はいつも緑で

ぐるりのみんなが紅葉に着替えても

ひとりいつでも緑のまゝだった

 

ある日

雪が降った

龍舌蘭は雪を見たいとおもった

龍舌蘭は雪を見たことがなかった

そして温室から飛び出さうとした

すると園長さんがびっくりして

風邪をひくから

およしなさいと云った。

 

[やぶちゃん注:削除線は底本の思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の解題に書かれてある推敲跡の解説を復元したものである。

 拗音表記と内容からは明らかに戦後の詩で、しかも詩想からは児童詩である。

 戦後のバクさんの詩の中で「龍舌蘭」が詠み込まれているのは実はバクさん五十歳の折りの懐旧の望郷詩「耳と波上風景」しかない(初出は昭和二八(一九五三)年三月発行の『おきなわ』。バクさんの帰郷はその五年後の昭和三三(一九五八)年十月であった。因みに戦前では「南方」(初出は昭和一〇(一九三五)年十一月号『文藝』)一篇のみ)。

 バクさんの現認されている戦後の最初の児童詩は、昭和二八(一九五三)年九月号『中学生の友』(小学館)に掲載された「腕ずもう」で、そこでは既に拗音表記が行われている(但し、この後の詩でも拗音表記の行われていないものもある)。

 本作は沖繩を詠ったものではない。しかし、それを字背に感じさせる。バクさんは沖繩を児童詩では詠み込んでいない。従って、この「龍舌蘭」は一種の特異点に近いものであると言える。

 これは擬人法を用いている点でも児童詩のみならず、バクさんの詩篇の中では比較的珍しいタイプである。しかもその比喩は沖繩を飛び出して、いっかな、帰りたくても帰れぬバクさんのジレンマをネガとしているように私には見える。

 以上から私は、本作は「腕ずもう」と同時期、昭和二八(一九五三)年前半に創作された、バクさんの児童詩の実験的作品(試行錯誤)の一つではなかったかと推理するものである。]

« お金の種類   山之口貘 | トップページ | (無題)   山之口貘――小山コーヒー寮店小山志づ追悼詩―― »